「エキサイト公式プラチナブロガー」スタート!

みなさまご無沙汰しております
by kyoncci
過ぎ去りし日々
ずいぶん長い間ブログを放置してしまって本当にすみません

4月に母が亡くなりました

d0113707_5514524.jpg


私じゃありません母です
母も元気なころは写真をやっていました
「一緒にやろう」って言われてましたけど、私にはまったくその気はありませんでした

不思議なご縁で同じ趣味を持つようになり
母のことがちょっとだけわかるようになりました

d0113707_5541674.jpg


真ん中は母がご指導を受けていた先生です
この方の写真集も私の手元にあります
あの先生こんなすごい写真撮ってはったんや~と今ではわかります

d0113707_5571181.jpg


母の撮ったいくつかの写真を見ています

あんなこともあった、こんなこともあった
これ撮るとき大変だったやろな
重いジュラルミンのケース抱えて出かけて行ったな

私もたぶんおんなじように
思い出されるんやろな・・・・
[PR]
# by kyoncci | 2015-05-25 06:06 | おしらせ | Comments(15)
雪の白川郷・五箇山
1、
d0113707_23141767.jpg


去年とある雑誌に北海道の雪をストロボで撮ったものが掲載されて
みなさん、私は雪国での撮影になれておられるように思われたみたいですが
とんでもない!
あの時だってとにかく無我夢中でただもうバシャバシャと撮って
たまたま雪の落ち方が良かったために選ばれただけで
恥ずかしいやら情けないやら
いつかは絶対に勉強して、ちゃんとストロボの使い方を習得しないとな・・・
と、ずーっと思っていました

2.
d0113707_23171369.jpg


とはいうものの・・・・
ただでさえあったかい関西ではなかなか練習も思うようにできず
白川郷ツアーに申し込んだものの、催行できず
どうしたらいいかなぁ~と思っておりましたら
なんと!同じクラブツーリズムの名古屋出発に
「白川郷と五箇山ライトアップツアー撮影会」なるものを発見!

私は家族が転勤族だったため名古屋には5年住んでおりまして
懐かしさもあって、行ってまいりました

3.
d0113707_23203661.jpg


朝ちょっと早めに起きてPCを見ると
なんとーーーーー豪雪のために東海道新幹線の
新大阪ー名古屋間が30分も遅れてる!!
えらいこっちゃ~~私が前日EX-ICで買っておいた切符では
9時半の集合の40分前に名古屋到着
これじゃ間に合わない可能性がある・・・・
ということで、すぐに新大阪へ行ってその券の指定席は無駄にして
15分前の列車の自由席に飛び乗りました

それでなんとか集合15分前に到着することができました
忘れてましたよ・・・・関ヶ原あたりの雪のことを\(//∇//)\

4.
d0113707_23254685.jpg


雪のほうは間断なく一日降り続きまして
寒かったですがなかなか楽しかったです(^O^)
ストロボの練習ひたすらやりましたが・・・・
本当にやればやるほどよくわかりませーん・゜・(ノД`)・゜・
花火と一緒で、一年に数回しかできない・・・というのが大問題
まぁこの調子で数年頑張れば、死ぬ前までには
なんとなーくそれなりに分かった気になるのでしょうか?

5.
d0113707_232843100.jpg


それにしても名古屋に住んでる人はうらやましい~
こんなすごいところに、片道3時間以内で行けるわけですから

帰りもちゃんとスケジュール通り、きっちり10時に名古屋に戻りまして
その日のうちにうちに帰り着くことができました
まぁちょっと渋滞とかあったら・・・と思いまして
一応簡易的なお泊り道具は持って行きましたが

しかし・・・・
すごいもんです、関西からあの白川郷に日帰り
ちょっと前には考えることもできませんでした
高速道路ができてくれたおかげです
まぁそのためか白川郷は某大陸国旅行者ばっかりで
なんだかこっちが異国に来たような気持ちになりました/(-_-)\

6.
d0113707_23341564.jpg


最後になりましたが・・・・
いつも雪国でこういう風景を見ると
なぜか?思い出すんですよ↓を

7.
d0113707_2335027.jpg


江戸小紋の切り貼りです♪

もしかして、私だけなんでしょうかねぇ????
[PR]
# by kyoncci | 2015-02-15 23:35 | 雪国 | Comments(16)
低速で撮るイルミネーションの世界
ちょっとまえまでNHKでやっていた「アインシュタインの眼」という番組
大好きでよく見てました~~
人間の眼で見る世界と、レンズで見る世界は違います
あの番組ではハイスピードカメラが多用されていましたが
今回の撮影はすべてスローシャッターで行っています

1.
d0113707_1523433.jpg


これは何を撮ったものか・・・・
とっさにお分かりなるかたは少ないと思います
実は階段のふちに付けられた電飾です
青と白の電飾の段があるため、スローシャッターでピントを外しながら合わせまた外す
花火などではよく使われるテクニックです

それを学びにとある講座に参加させていただきました

2.
d0113707_1527422.jpg


朝から講義、昼から室内で実践、夕方から実際にイルミネーションで撮影
という長丁場の講座だったのですが
最初のうち撮ったのはこんな感じ・・・orz
ピント合わせ外しもできてません、たんにぼけただけヽ(;▽;)ノ

3.
d0113707_1528285.jpg


ちょっとだけ・・・合わせができてきました
クビレが確認できます(^O^)
まるで胎児が形成されていくような・・・・
長い記事ですけどご辛抱くださいませ

4.
d0113707_1530442.jpg


かなりモノになってきました
外し・合わせ・外しのふたつの球の大きさがほぼ同じになってきました
この時点ですでに午後3時半・・・・2→4に2時間以上かかりました

5.
d0113707_15322837.jpg


さて、実際のイルミ会場でやってみて
ああうまくできてるじゃない・・・・と思われるでしょうけど
実はできてません!
外す幅が小さすぎる~~一瞬綺麗で喜んだのですがorz

6.
d0113707_15335159.jpg


この方がまだマシですね~~

7.
d0113707_15342545.jpg


これはキレイにできたのに、ほんのちょっとだけねじれちゃった・・・・
とはいえこういうのも貴重です
というのも同じねじれは二度と作れません!

8.
d0113707_15352476.jpg


一応完成形o(^▽^)oです~
1のとちがうのは1は少しカップ型になっていること
意図的にカップ型にして作品作りも可能です~
いつかは絶対にやってみたい

9.
d0113707_15355060.jpg


もう最後は何をやっても楽しくて(*゚▽゚*)
とうとう9時頃まで夕食も食べずにひたすらレンズを回し続けました~
ほんとに私はカメラ馬鹿ですぅ
[PR]
# by kyoncci | 2015-01-23 15:36 | スローシャッターの世界 | Comments(10)
コミミちゃん大騒動(^O^)
いつもいろんな情報を下さる、鳥と蝶の専門写真家・Hさんから
「淀川にとっても珍しいコミミズクという鳥が来てますので
ご一緒に撮りに行きませんか?」とお誘いをいただきました

Hさんは本当にすごい写真を撮る方なので
とにかくそばで見てるだけでも勉強になる、と思ってごいっしょさせていただきました

1.
d0113707_23171054.jpg


可愛い(^O^)~~
淀川の河川敷に10羽ほどが来ているようで
とても珍しいことなのだそうです

2.
d0113707_23182394.jpg


止まっていると顔が大きく体は小さく・・・と思いますが
すごい大きさの羽根!鋭い眼光
さすが猛禽類・・・・

3.
d0113707_23193663.jpg


飛んでる姿はゼロ戦そっくり・・・・
本当に無駄のない肉体ですね!

4.
d0113707_23213822.jpg


この日は広い河川敷のむこうとこちら側と
ふたつのテリトリーがあって
それぞれちがうコミミズクが治めているようです
右がメス、左(私が見ている側)がオス
かれらはときどきテリトリーを見回るのでそのときに出会うことがあります
メスとオスだからフォーリンラブ?かと思いきや・・・・
ファイトのためちょっと絡みます(ちょっとした自己主張?)
その姿を撮ろうと、数百人いるカメラマンのシャッターがマシンガンのように鳴り響きます!

すごいです・・・

5.
d0113707_23252668.jpg


どなたかが作ってくださった止まり木、ときどきそこで休息するのですが
やにわに飛び上がり、餌であるネズミを追います
見てみて、このながーい脚\(◎o◎)/!
普段は折りたたんでるんですね~~
そしてものすごい爪!!

6.
d0113707_23284396.jpg


めちゃくちゃトリミングしているので汚い荒れた画像で申し訳ありませんm(_ _)m
ネズミを捕まえて運んでいるところです
脚の間に黒い塊が見えます
ここはもともと河川敷のゴルフ場だった場所
閉鎖されたあとほったらかしでネズミなどの小動物が増えたようです
それを狙って滅多に都会ではお目にかかれない、コミミちゃんの集団が
やってきたのです

7.
d0113707_2331533.jpg


獲ったネズミを踏み殺すコミミちゃん
圧死させているのか?鋭い爪で刺殺しているのか?ちょっと遠くてわかりません・・・
で、食べるのか~?と思っていたらさっさとどこかへ運んで行きました
鳥撮りさんたちのお話では、向こう側に彼の食物倉庫があって
そこに一応貯めておくのだそうです

8.
d0113707_23331512.jpg


「コミミズクは警戒心が強く、滅多に人間に姿を見せない」という定説は
無残にも覆されました・・・・
コミミちゃんがいる止まり木のすぐそばはサイクリングロードになっていて
知ってか知らずか近づいてきた自転車に乗ったおじさんを
コミミちゃんはまーったく気にしませんでした!

止まり木にふんぞり返って(笑)
「今日はちょっとお客さん多いわね~~
じっとしてあげるから、さっ撮りなさい~~
うんとキレイに撮りなさいよぉ(o ̄∇ ̄o)♪」
みたいな・・・・
まるで売れっ子モデルさんのような、大変愛想のいいコミミちゃんなのでした
[PR]
# by kyoncci | 2015-01-20 23:37 | 鳥撮りの楽しみ | Comments(4)
初釜 一年のスタートです(^O^)
d0113707_148278.jpg


ここは写真ブログなので
本来は今回のようなお写真はUPしないようにしているのですが・・・

寒いしバタバタしていてなかなか撮りに行けないので
とりあえず近況報告です♪
本日、習っている茶道も初釜があり一年のスタートをきりました

d0113707_1501469.jpg


初釜だけに設える、床飾りです
左方の天井近くから床までながく垂れているのが「結び柳」
中国唐時代の故事によるものです
当時古都長安から西(シルクロード)に向かう人は
この地で送ってきてくれた友人家族と別れます。
旅立っていく際、川辺の柳の枝先で丸い輪を作り旅人に手渡し、
また無事逢えることを誓ったとされます。
遠い地に居てもまた会う事が出来るという印でもあります。
柳は〝陽〟の木でその芽張りはやがて来る春を表し
「一陽来復(いちようらいふく)(冬が去って春が来ること)」を
祝う心を表す形として
床奥から座敷に向かって柳を垂らすのもこの意味になります。

「柳」と「留」はどちらも〝りゅう〟と言う意味発音が同じで、
気を留める・長く留まる意味で
「輪」「環」はもどることを意味し、帰る・孵る・還ると同じ意味で
一同正月に席を同じく会いましょう、という意味で柳の一枝を輪の形にします。

掛け軸は「白鶴舞老松」
読んで字のごとく・・・大変おめでたいです♪

d0113707_157896.jpg


裏千家の特別な飾りもの「蓬莱山(ほうらいさん)荘(かざり)」
鏡餅に似てますけど、伊勢海老の後ろに鎮座しておりますのは炭!
それもおそろしく太い3本です
裏千家十一代玄々斎の考案だそうで、正式な蓬莱かざりをやってくださる
お茶の先生ってとても少ない・・・・
私が昔習っていたところはどこも略式でした
とにかく材料をそろえるだけでも大変です
こちら に詳しい作り方?が載っています

普通の鏡餅と同じように串柿が真一文字に乗っていますが、その意味は

2-ー3-3-ー2 陰ーー陽ー陽ーー陰 の配置
みんなニコ(2)ニコ(2)、仲睦(6)まじく の語呂合わせ

d0113707_2125263.jpg


初釜のお濃茶は特別な「鶴亀茶碗」というのを用います
これもまた陰陽思想からくるものです
お菓子は「はなびら餅」裏千家のみの使用です
味噌餡なのですが、とてもお味噌っぽいものから
かすかに香りがするものまで、お店によっていろいろ
私は後者のほうが好きo(^▽^)o

今回のお茶は八女茶の星野園「星友の昔」
あまーい、とろーりとしたお茶です♪

d0113707_221717.jpg


薄茶と一緒に出される干菓子
今年の干支・羊さんの落雁(らくがん)
可愛くてたべられなーい・゜・(ノД`)・゜・

d0113707_223542.jpg


最初に習った母の姉弟子だった先生
鎌倉に住んでいたころに厳しく基礎を叩き込んでくださった先生
そして今の先生
どのかたもありがたく、感謝の気持ちでいっぱいです

茶道・・・というと何かと華美なものを想像されると思いますが
その基本は「日常の何気ないことに小さな美を見つけて楽しむ」
写真ととてもよく似ている・・・・
このごろ本当にそう思うようになりました
[PR]
# by kyoncci | 2015-01-12 02:26 | 関西よもやま話 | Comments(6)
あけましておめでとうございます(^O^)
d0113707_1442593.jpg


みなさま、あけましておめでとうございますm(_ _)m
正真正銘、2015年1月1日九州志布志沖で撮った初日の出です♪

この日は前晩から荒天で、明け方まで空は黒い雲に覆われていました
それでもフェリーに一応三脚を持ってきたものですから
ダメもと・・・で甲板に走りました
空が白みかけてくると、それほどひどいお天気でもない、ということがわかりました

風の無い、不思議な空でした
撮ってすぐ泉質に戻ると、すでにお日様は白い雪雲にかき消されておりました
そして元旦の霧島はずーっと雪でしたヽ(;▽;)ノ
すばらしい写真でもなんでもありませんが
印象に残る夜明けでした・・・・

今年もどうぞよろしくお願い致しますm(_ _)m
[PR]
# by kyoncci | 2015-01-04 14:49 | おしらせ | Comments(7)
みなさま、ありがとうございました
d0113707_1441568.jpg


本当なら明日元旦にみなさまにご挨拶をするべきなのですが
これから家族で出かけます
しかも、出先の天気はあまり良くなさそう・・・
ということで、1日前に一応ご挨拶させていただきます

本当にこんなしがない、時々しか更新しないブログに来てくださって
本当にありがとうございました

2014年は良いこと悪いことが入り混じった一年でした
老化をひしひしと感じた日々でした
身近な人たちの衰えや病気もありました
でも楽しいこともたくさんありました
来年も決して多くを望まず、
日々ちいさな幸せを感じる一年でありたいです

どうぞよろしくお願い致しますm(_ _)m
[PR]
# by kyoncci | 2014-12-31 14:47 | おしらせ | Comments(12)
第5日 最期の飛翔
d0113707_14373794.jpg


いろいろあって、中一日おいてしまいました
Upが遅くなって本当に申し訳ありませんm(_ _)m

「モノクロ写真を楽しむ5日間」ついに最終日となりました

信州の池のほとりを散策中、
バサバサっという音に気づいて振り返ると、
いままさにちいさな白い蛾が木の枝に当たり湖面に落ちた瞬間でした

掬ってやろうにも落ちた場所が岸からかなり遠く無理・・・・・
そこで覚悟を決めたのです
この子の最期を看取ろうと

2回3回必死で飛び上がろうと羽根を打ちますが
(周りの波紋はそのときのもの)
やがてそれも静かになり、あとはただ静寂のみ・・・・

いつか私も、そうなるのだろう
神の大きな手に払われて落ちる
いや実は今必死で湖面から這い上がろうとしているのかも
必死で水面を叩いているのかもしれない

5日間、見てくださいって本当にありがとうございました
久しぶりのモノクロでしたが
ただ美しく撮れば良い、という写真とちがって
モノクロ写真には撮影者の深い意識が込められているように思います
良い機会を与えていただいて、本当に感謝しておりますorz
[PR]
# by kyoncci | 2014-12-22 14:44 | おしらせ | Comments(5)
第4日 過ぎ去りし熱情
d0113707_9555618.jpg


おはようございます
この写真もまた、スコットランド旅行のときのもの
スカイ島の風雅な湾を眺めることの出来る桟橋
我々写真ツアーの面々は「何か撮るものないか?」と探し回っておりました
たまたま英国人とおぼしき4人組が桟橋の端のほうへ歩き出したので
「老夫婦とお孫さんたちかなぁ~」なんて微笑ましく見てました
すると突然!
孫?と思っていた若い男女が向き合って目と目を合わせ抱き合い
何やらおかしな・・・・
老夫婦はびっくりする様子もなく、淡々とその場を立ち去りました
男女の抱擁はその後も数分続き、その濃厚なラブシーンは
見てる我々を完全にノックアウト・・・・

おそらく全員がその一部始終をカメラに収めてたんですけどね!(# ゚Д゚)

それにしても海外旅行に行くと
突然こういうことが始まるのにびっくりされたことありません?
向こうのかたは慣れておられるようですが
私は本当に困ります・・・orz
[PR]
# by kyoncci | 2014-12-20 10:07 | おしらせ | Comments(2)
第3日 四面楚歌
d0113707_9121555.jpg


写友から引き継いだ〈モノクロ写真を楽しもう5日間のチャレンジ‬〉
はや中日となりました・・・・

昨年秋、やはり友人の写真展「アキノタカラモノ」で
秋の写真を数枚出させていただくことになって、HDを探し回りましたが
今回はモノクロになりそうなものを求めて、過去への旅をしました・・・・

この写真は数年前にスコットランドへ行った時のもの
先を急ぐ我々のバスは、突然羊の大群が道路を占拠しているところにぶつかりました
Σ(゚д゚lll)
写真中央部にいる男性が、おそらく飼い主の牧童さん
苦り切ったお顔で必死で羊を道路から出そうとしますが
羊たちはまーったく彼の言うことを聞かず、のうのうと動きません

多分日本だったら怒号のひとつやふたつ、聞こえてきそうなものですが
さすが紳士のお国、みんなしずかーに彼がどかすのを待っています
それどころか、本当ならキレそうな対向車の女性まで出てきて写真撮ってます!
牧童さんの情けなさ・・・が申し訳ないけどとても面白く
かといってこちらが手助けすることもできない状況
人間はみんな揃って「なははは・・・」と肩をすくめるしかありません(笑)

この事態は、ほどなく別の男性に連れられてやってきた
一匹の犬によって解決されました
わんこは疾風のようにすばやく羊たちを率いて、疾風のように去って行きました・・・


たまたまその日はバスの座席が一番前で、前面のガラス越しに撮っています
超ラッキーヽ(;▽;)ノ
[PR]
# by kyoncci | 2014-12-19 09:27 | おしらせ | Comments(2)


がんばろうにっぽん

カテゴリ
全体
東北旅行
東京の庭園
だいすき福島
千葉ご近所を歩く
北関東の旅
房総半島をゆく
鳥撮りの楽しみ
嫌いなひともいるけれど
いいなぁ神奈川
京都・千年の都
すっきやねん大阪
コスモポリタン神戸
東京メガロポリス
六甲山系の自然
あこがれの信州
関西よもやま話
ひょうごの山と草花
戦国の香り・中部地方
あをによし奈良の都は花ざかり
祭り!フェスタ!イベント!
北の大地!北海道をゆく
日本海は心のふるさと
こんにちは!虫さん♪
この世の天国?南の島
おしらせ
東北関東大震災

九州と南の島々(*^_^*)
水と森の国・滋賀
foreigncountry
関西の奥座敷?麗しの四国
スローシャッターの世界
雪国
未分類

以前の記事
2015年 05月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 07月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 11月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月

お気に入りブログ
2008夏井川渓谷撮影会

最新のコメント
お悔やみ申し上げます。 ..
by sacchon-happy at 16:56
ご無沙汰してしまい申し訳..
by 五郎 at 17:58
TMさん>ありがとうござ..
by kyoncci at 00:48
ゆきさん>2月に母は緊急..
by kyoncci at 22:45
しばらく更新がなかったの..
by yuki0504062 at 11:09
おーちゃんさん>寂しい、..
by kyoncci at 19:23
happykotaさん>..
by kyoncci at 19:20
shuttleさん>写真..
by kyoncci at 19:01
お母様お亡くなりになられ..
by おーちゃん at 15:38
ブログの更新が暫くありま..
by happykota at 15:53

最新のトラックバック

ライフログ

検索

人気ジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧