みなさまご無沙汰しております
by kyoncci
徳島と大阪・海で繋がる阿波踊りその2
前回に続き、大阪WTCで行われた「徳島と大阪・海で繋がる阿波踊り」というイベント会場からお届けいたします。
今回は多少説明的な写真ばかりになります(すみません)。

d0113707_23123093.jpg


前回は男踊りとちびっこ踊りの写真ばかりUPしたのですが、普通阿波踊りと聞いたら思い浮かぶのは↑の女踊りでしょう。
編笠をかぶり、手には手甲(てっこう:白いそで)、浴衣を着て帯は黒繻子。
一説によると「編笠のかぶり方を見ただけで、どれくらい踊りが上手いかわかる」のだそうです!
私は・・・・ぜんぜん判りませんでしたぁ(T_T)

d0113707_232008.jpg


男踊りがあくまで「腰を低く、横に張り出して力強さを表現」したのに対して、
女踊りはずっと背筋はのばしたままで、手を高くかざします。
浴衣の裾はまくりあげて、わざと襦袢の裾を見せます(赤いのが襦袢>下着?です)
もちろん浴衣と襦袢、二枚着ていると足さばきが上手く出来ないからなのですけど・・・
ちょっと艶っぽい恰好(*^_^*)ですが、あくまで上品に踊るのが身上だそうです。

d0113707_23215893.jpg


足には白足袋、履物は利休下駄(表に畳が張ってあるもの>滑らないように?)です。
今回初めて気づいたのですが、なんと踊っている間はずっとつま先立ちです!\(◎o◎)/!
これ、ものすごく難しいと思いますよ(>_<)
右手と右足、左手と左足を同時に二拍子で交互に動かします。

阿波踊りの踊り子さんは連に属していてもみんなプロダンサーではありません。
普段は普通のお仕事をしておられます(前回お話した「えびす連」の連長・鶴瀬幸子さんは市役所の職員さんでした)。

そしてもちろん、若い女性ばかりではありません!

d0113707_23403189.jpg


皆さん、とてもイキイキしておられるでしょう?本当に楽しそうです(*^_^*)

d0113707_2341423.jpg


今回私が一番好きだった女踊りの方が↑の女性。
何とも幸せそうな、福々しいお顔。見ているだけで幸せになりそうです♪

d0113707_23431831.jpg


昔は男踊りと女踊りだけだったそうですが、近年の目覚ましい?女性の進出からか?
「法被踊り」というのがあるそうです。
これは女性が法被を着て「男踊り」を踊るのだそうですが、男踊りとはちがって「いかに女らしく踊るか」がポイントなのだそうです。

d0113707_23514853.jpg


一番自由度が高く、色々なバリエーションを加えられるので人気があり、↑のように男性と踊ったりもされていました。
それにしても右側の女性、かっこいい!

ところで、阿波踊りといえばあの二拍子の浮き立つようなリズムと笛の音・・・・



阿波踊りのBGであるお囃子は「鳴りもの」と呼ばれています。

d0113707_23592849.jpg


その中心は↑の鉦(かね)、指揮者の役割を果たしています。
鉦のリズムに合わせて、早くなったり遅くなったりするようです。
右側は太鼓。

d0113707_033048.jpg


左側が笛、右が小鼓です。大体の鳴りものは↑のものだけで出来るそうですが。

d0113707_072972.jpg


色々な阿波踊りのサイトを廻って見ると、「やっぱり三味線が無いと阿波踊りじゃない!」
という意見も多く書かれていました。

それにしても、あのジャンカジャンカ・・・・♪という軽快な音楽を聴くと、何となく血が騒ぎませんか?
ぞくぞくするような・・・・阿波ではこのことを「ぞめく」というのだそうです。
はるか太古の昔、黒潮にのってやってきた祖先の音楽が私たちのDNAに刷り込まれているからでしょうか?

次回はいよいよ最終回、夕方の大フィナーレの様子とその他もろもろの写真をUPさせていただきます。
なんとステージを降りて、各連のみなさんたちが広いロビーを踊りまくり♪楽しいですよ~

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

この記事を書いているとき、「クレヨンしんちゃん」の作者・臼井儀人(うすいよしと)さんの遺体が確認された」という報道がありました。
ショックです・・・・・・
「子供に見せたくないマンガ」として有名でしたが、我が家では息子たちにじゃんじゃん見せていました(>_<)
「子供の本音」をそのまま描いた、秀作だと思っています。
映画も何度も家族で観に行きました、特に「大人帝国の逆襲」と「戦国あっぱれ大合戦」は名作でした。
そのほかにも「雲黒斎の野望」「暗黒タマタマ(書いていてちょっと恥ずかしい(>_<))」、楽しかったなぁ・・・

臼井さんが私と同い年というのにも納得しました。
ちょうどお互いの子育て?の時期が重なったためか?なんだか親戚のうちの話を聴いているようでした。
それにしてはヒデとロザンナの歌が挿入されていたり「愛は傷つきやすく」(@_@;)、
もうちょっと年上の人かと思っていましたが。

一週間くらいしたら「あのーーーカラオケ会場はどこですか?」とか言いながら
ひろし(しんちゃんのお父さん)のように、のほほーんと出てこられるのかと?思っていました・・・・
臼井先生、楽しいひとときを我が家に与えてくださって本当にありがとうございました<(_ _)>
主人も私も息子たちも、とても悲しいです・・・・合掌。
[PR]
by kyoncci | 2009-09-21 00:34 | すっきやねん大阪
<< 徳島と大阪・海で繋がる阿波踊りその3 徳島と大阪・海で繋がる「阿波踊... >>


がんばろうにっぽん

カテゴリ
全体
東北旅行
東京の庭園
だいすき福島
千葉ご近所を歩く
北関東の旅
房総半島をゆく
鳥撮りの楽しみ
嫌いなひともいるけれど
いいなぁ神奈川
京都・千年の都
すっきやねん大阪
コスモポリタン神戸
東京メガロポリス
六甲山系の自然
あこがれの信州
関西よもやま話
ひょうごの山と草花
戦国の香り・中部地方
あをによし奈良の都は花ざかり
祭り!フェスタ!イベント!
北の大地!北海道をゆく
日本海は心のふるさと
こんにちは!虫さん♪
この世の天国?南の島
おしらせ
東北関東大震災

九州と南の島々(*^_^*)
水と森の国・滋賀
foreigncountry
関西の奥座敷?麗しの四国
スローシャッターの世界
雪国
未分類

以前の記事
2015年 05月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 07月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 11月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月

フォロー中のブログ
2008夏井川渓谷撮影会

最新のトラックバック

ライフログ

検索

タグ

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧