みなさまご無沙汰しております
by kyoncci
豪華絢爛!犬山祭り・その2
前回に引き続き、愛知県犬山市で行われました犬山祭りの様子をお届けします。

そろそろ祭りの車山(やま)巡行の時間となりました。
犬山城の下にある針鋼神社に移動して、13基の車山が奉納にやってくるのをひたすら待ちます。

d0113707_0411571.jpg


おおっ!向こうから何やら大きなものが・・・・・
しかし、道は別に歩行者の規制はされてませんし・・・・
自転車のおじさんも、堂々と道の中央で撮ってるし・・・・一体どうなるほでしょうか?

d0113707_0424729.jpg


うわああ、道の両側は満開の桜並木。その真ん中をしずしずとやってきます。
本当にびっくりなのは、通行人も車山もみんな一緒にやってきます!うわぁ危なく無いのかしら?
ちょっと逆光なのが惜しいなぁ・・・桜が光で飛んでしまう。

d0113707_0441012.jpg


13基の一番最初は新町の浦島、これはとても珍しい舟形車山です。
舳先には大きな鶏、ちょっと可愛くない(笑)お顔ですが・・・・・・
犬山祭りの車山はすべて三層構造で、これは「犬山型」とも呼ばれ、下層がお囃子所、最上層にはからくりが置かれ、中層は「中山」と呼ばれて最上層のからくりを動かす層となっています。

d0113707_0514537.jpg


次にやってきたのは、本町の咸英(かんえい)。これは「みなよろしい」という意味だそうです。
犬山形車山の典型とも呼ぶべきもので、大変美しいですね~

d0113707_0543541.jpg


神社の正面で見ていたのですが、前で回転させなくてはなりません。
どうやるのかな?と興味深々・・・・・
というのも祇園祭では竹を敷いてその上に水をかけて滑らせました。このお祭りではどうやるのだろう?
と、思っておりましたら。
なんと!無理やり?力任せに押したり引っ張ったりして曲がりました
\(◎o◎)/!なるほど~

いろんなお祭りの山車を見てきましたが、古来から人々は「車を曲がらせる」ということにえらく苦労してきたように思います。
実は私だって「どうして車が曲がるのか?」よく判っていません(>_<)←運転はするくせに!
で、ちょっと調べてみたのですが・・・・

ステアリングシャフトについたピ二オンはラックにかみあっていてハンドルを回した回転の動きを横の動きに変えます。
これがタイヤを左右に動かし、内側のタイヤは遅く回転し、外側のタイヤが速く回転することになります

要するに、回転の動き(ハンドル)を横の動きに変えるわけですね。なるほど~
こういうサイトを見つけました。詳しいことはさっぱり判りませんが、勉強にはなりますよ(*^^)v

d0113707_15624.jpg


早く曲がらないと、向こうから次の車山がもう来ちゃってます!

d0113707_154451.jpg


私の周りにいたカメラマンさんたちは、もう数年このお祭りに通っている~という方が多かったのですが、ここ数年は雨や曇りの日が多くて「久しぶりにキレイな桜と車山を撮れた!」と喜んでおられました。
両側の桜は数年前まではもっと丈が高く、たいそう豪華だったそうですが、あまりに茂りすぎて運行の邪魔ということでかなり切りそろえられてしまったそうです
まぁ仕方ないですよね~山車は本当に大きなものですから。
しかもこのお祭りでは夜も巡行があるので、ひっくり返ったら大変危ないですからね。

d0113707_1162292.jpg


車山はまだどんどんやってくるのですが、ひとまず神社の広場のほうへ移動しました。
到着した車山の人々はもう降りて記念写真をやっていました。
ごくろうさまでした~それにしても、やっぱりお囃子の子供たちは青年たちに担がれています。
祇園祭でも三田のお祭りでもそうでした。
祭りの期間、彼らは「神のおつかい」ですから、決して地面に足を付けてはいけないんですよね~

d0113707_123551.jpg


担がれた少女と担ぐお兄さん、それを携帯で撮る人。
三者三様であります・・・・
犬山祭りを見て思ったのは、法被とかは他のお祭りとあまり違いは無いのですが、囃子方の衣装が大変豪華!!夜などは電飾付きです(この写真が撮りたかったのですが、一枚も良い出来の物がありませんでした)
名古屋に5年暮らした時にも常に思っていたのですが、この地方の方は本当に豪華絢爛なのがお好きです。
ただし外国人の方がこれらの電飾付きの衣装を見て「very strange!」「curious!」と言い合っていたのは内緒です・・・・
(@_@;)
実は私も内心「ちょっとこれはやりすぎやろ・・・」と思っておりました。

d0113707_1322295.jpg


ひと仕事をやり終えて、ほっと一息つく本町車山の人々。
でもあんまりのんびりとは出来ません・・・・なぜなら彼らにはこれからまたお仕事があるからなのです。
次回はその様子、そしてちょっとだけですが夜の部の写真をUPさせていただきます♪
どうぞよろしくお願いいたします。
[PR]
by kyoncci | 2010-04-20 01:37 | 祭り!フェスタ!イベント!
<< 豪華絢爛!犬山祭り・その3 豪華絢爛!犬山祭り・その1 >>


がんばろうにっぽん

カテゴリ
全体
東北旅行
東京の庭園
だいすき福島
千葉ご近所を歩く
北関東の旅
房総半島をゆく
鳥撮りの楽しみ
嫌いなひともいるけれど
いいなぁ神奈川
京都・千年の都
すっきやねん大阪
コスモポリタン神戸
東京メガロポリス
六甲山系の自然
あこがれの信州
関西よもやま話
ひょうごの山と草花
戦国の香り・中部地方
あをによし奈良の都は花ざかり
祭り!フェスタ!イベント!
北の大地!北海道をゆく
日本海は心のふるさと
こんにちは!虫さん♪
この世の天国?南の島
おしらせ
東北関東大震災

九州と南の島々(*^_^*)
水と森の国・滋賀
foreigncountry
関西の奥座敷?麗しの四国
スローシャッターの世界
雪国
未分類

以前の記事
2015年 05月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 07月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 11月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月

フォロー中のブログ
2008夏井川渓谷撮影会

最新のトラックバック

ライフログ

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧