みなさまご無沙汰しております
by kyoncci
永遠の謎・北条石仏群その1
母が昔フィルムカメラをやっていた、ということはお話したことがありますがが、彼女が好む被写体は私とはぜんぜん違っていて「祭り」「町並み」そして「石仏」でした。
私もカメラを始めて5年ほど経ち、「祭り」や「町並み」は撮るようになったものの、「石仏」だけはなかなか食指が動かなかったのです。
それでもようやく?そういうものを撮ってもいいかな?と思える年代になってきましたので、思い切って母がよく行っていた兵庫県加西市北条にある五百羅漢を撮りに行ってきました。

d0113707_565418.jpg


実はここに来たのは3度目です。
一回目は母の付き添い?(というか運転手をやらされてました(^_^;))、2回目は友人とこの近くにある「いこいの村はりま」という施設に泊まったときについでに。
どちらもまだ大学生のころで、正直石仏などにはまったく興味がありませんでした・・・・

今回久しぶり(30年ぶり?)に訪れてみて・・・・
うーん、いいですね~~

d0113707_5121552.jpg


北条駅から徒歩10分ほどにある、のどかな田園風景のなかに溶け込んだ「羅漢寺」の境内に454体の石仏が・・・・
それだけでもすごいのに、ひとつとして同じ顔のものがありません。

d0113707_515274.jpg


昔から「親が見たけりゃ北条の西の五百羅漢の堂に御座れ」とうたわれ、面貌の異なる石仏の中には必ず親や子供に似た顔があるといわれています。
また石仏には↑のようにちょっと凝ったものもあります。

d0113707_517486.jpg


それでも大部分はノミの削り跡も判るくらい、素朴で単純なものが多い。
でもだからこそ、本当に作った人の思いが感じられる石仏です。

d0113707_5265354.jpg


一体誰が、何のために彫ったのか・・・・まったく判らないのです。
制作年代についてはほぼ、慶長年間(1596~1614)頃の制作と考えられている様ですが、作者がひとりだったのか数人だったのか?
おそらく何かの供養のために彫ったのであろうけれど、何のためなのか?資料がまったく残っていません。

ちなみに慶長元年 二十六聖人の殉教事件
      3年 豊臣秀吉死去
      5年 細川ガラシャ死去
         関が原の戦い
      8年 徳川家康、征夷大将軍に任ぜられる、江戸幕府を開く。
      9年 慶長の大地震起こる、犬吠崎から九州までの沿岸で津波被害。
          畿内で痘瘡・麻疹が大流行
      10年 八丈島・浅間山が大噴火
         徳川秀忠2代将軍になる
      19年  方広寺鐘銘事件 - 大坂冬の陣はじまる
      20年 大阪夏の陣、豊臣氏滅亡。
         高山右近死去、古田織部切腹。

支配者も価値基準もまったく変わりつつあった時代、地震も噴火も津波も起こり、人心は不安におののいていたことでしょう・・・

d0113707_5563428.jpg


それにしても、この石仏たちのお顔はどうみても普通の日本人には見えません。
鼻梁が高く、眼もすっきりと切れ長、大陸方面の顔のように私には思えます。
加西のほかのお寺なのですが、背中に十字(クルス)を背負った石仏が見つかっており、隠れキリシタンとの関連も伺えます。

d0113707_603773.jpg


中にはこんなひょうきん?なお顔の仏も・・・
眼の大きい方がモデルだったのでしょうか?
二重まぶたの方だったみたいですね~

d0113707_625037.jpg


子供さんがモデルだったのでしょうか?
愛らしい、でも何か物思いにふけっているような・・・・
石仏たちは何も語ってはくれません、でも私たちは各々心の中で彼らに問いかけつづけます・・・

次回も北条の石仏群です。
可愛い?お客さまが来てくれました♪
[PR]
by kyoncci | 2010-08-05 06:09 | 関西よもやま話
<< 永遠の謎・北条石仏群その2 どしゃぶり 京都亀岡・ききょうの里 >>


がんばろうにっぽん

カテゴリ
全体
東北旅行
東京の庭園
だいすき福島
千葉ご近所を歩く
北関東の旅
房総半島をゆく
鳥撮りの楽しみ
嫌いなひともいるけれど
いいなぁ神奈川
京都・千年の都
すっきやねん大阪
コスモポリタン神戸
東京メガロポリス
六甲山系の自然
あこがれの信州
関西よもやま話
ひょうごの山と草花
戦国の香り・中部地方
あをによし奈良の都は花ざかり
祭り!フェスタ!イベント!
北の大地!北海道をゆく
日本海は心のふるさと
こんにちは!虫さん♪
この世の天国?南の島
おしらせ
東北関東大震災

九州と南の島々(*^_^*)
水と森の国・滋賀
foreigncountry
関西の奥座敷?麗しの四国
スローシャッターの世界
雪国
未分類

以前の記事
2015年 05月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 07月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 11月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月

フォロー中のブログ
2008夏井川渓谷撮影会

最新のトラックバック

ライフログ

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧