みなさまご無沙汰しております
by kyoncci
人と馬と・美浦トレセン見学記その3
d0113707_21452629.jpg


最初からどーんと・・・・\(~o~)/すごい大きさの車です。
これは一体何かと申しますと、ご存じの方も多いことと思いますが、「馬運車」。
広義ではウマを輸送する自動車のこと。狭義では競走馬、馬術競技馬を輸送するための自動車のことであり、一般的には馬バスの愛称で知られているそうです。
時々高速道路などで並走したりしますよね~
最初この車を見たとき、たとえば横腹に「ディープインパクト」って書いてあったら「ディープインパクトが乗ってるんだ!ヽ(^。^)ノ」と喜んだものですが、それは大間違い。
実はこの名前は歴代の日本ダービー(東京優駿)優勝馬、およびそれ以外の優秀な成績を挙げた著名な馬の名を冠しているだけで、その馬が乗っているわけではありません。
実際私たちは「ベガ」という名前の馬バスを見ましたが、とっくに亡くなっています(笑)

d0113707_21573460.jpg


私たち見学者6名が馬バスの周りをちょろちょろしていたら、運転手さんが「中を見せてあげましょう」と言ってくださいました。
うほーっ、やったぁ(*^_^*)
後ろ側がバタンと開いて、お馬がゆっくり登って行けるようになっています。

中はすごく大きくて、前後にふたつづつ計4つのブースに分かれています。
通常は4頭、忙しい時は6頭を運ぶそうです。

今回いろいろ調べたところ、美浦と栗東では圧倒的に栗東の馬の方が成績が良いそうです。
これはいろいろ理由があるそうですが、まず馬を鍛える坂道コースが栗東にはあって美浦には無いということ。
そしてこちらの理由の方が正当性があると思うのですが、栗東トレセンは名神高速からすぐの場所にあるのに、美浦は高速から遠いということ。これが大きいのだというサイトがたくさんありました・・・・
ただし、2007年3月に圏央道が延びて阿見東までやってきました(阿見から美浦はたった5キロです!)そして2012年には東関東自動車道の大栄ICにつながります。
大栄ICは成田のひとつ東ですから、ここを通って中山競馬場まで一気に行けるようになるのです。

d0113707_22132591.jpg


ちなみに。。。。搬送中のお馬の○●●は全部馬バスの横の引き出し?に貯まります。
素晴らしい機能を持ったこの車、いったい一台おいくらだと思われます?
答えは最後に・・・・・(*^_^*)


d0113707_22175045.jpg


さて、一応トレーニングセンターの見学コースを見終えて、最後の場所にやってきました。
ここにはたくさんのお馬さんが・・・・
そうです、ここは乗馬のためのお馬が飼われている場所です♪

d0113707_22193594.jpg


このお馬たちは競走馬ではありません。
近くの高校の馬術部の生徒さんたちや、乗馬クラブのひとたちのために飼われています。
おそらく元は競走馬であったと思われますが、何らかの理由でここに来たのだと思います。

d0113707_22213530.jpg


ニンジンをやってもいい、ということだったのですが・・・・
あちゃー落としちゃったらダメじゃん(-_-;)

d0113707_2223633.jpg


皆さん、真剣にお馬の世話をされています。

美浦を見学させていただいたあと、いろいろな本やサイトで競馬のことを勉強しました。
競馬でいちばんダークな部分、それは生まれてくるサラブレッドのほとんどが競走馬として一生を終えること無く、馬肉としてドッグフードになってしまう、ということでしょう。
華々しく30年ほどの一生を終えることができる馬など、ほんの一握り。
こんなサイトがありました。
ぜひお読みになってみてください、私もまったく同じことを考えました。

d0113707_22294727.jpg


そういう意味ではここに居る馬たちや、全国の乗馬クラブや観光地で飼われている馬もまた、「選ばれた馬」ということなのでしょう。
地味ではありますが、平和な余生を送っているわけですから。

d0113707_22313563.jpg


中学生?高校生?馬術部の人たちのようです・・・・
可愛いですよね?ひとも馬も(*^_^*)

d0113707_2235652.jpg


右は女の子かしら?凛々しいですよね♪

一部の人たちが「競馬は人道的ではない」「競馬反対」と叫んでも、ここまで日本人に受け入れらている娯楽を無くすことなどもう出来ません。
競馬が生きがい、というひともたくさんいらっしゃることでしょう・・・・
落馬したら即死、という恐怖に耐えながら騎乗している騎手さんたちもいらっしゃいます。
私が望むのは、JRAは素晴らしいビルを建てるのも結構・お金のかかりそうな俳優をCMに使うのも結構。でももうちょっと引退した馬たちのことを考えてほしい・・・・ただそれだけです。
どうぞよろしくお願いいたします<(_ _)>

次回は久しぶりに幕張の夕陽を撮りに行きました♪

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

先ほどの馬運車のお値段ですが・・・・・
皆さん、心の準備はいかがですか?

なんと・・・・・

一台 6000万円ですっ!!\(~o~)/
積んでるお馬さんのお値段はピンキリで、
ディープインパクトはお安くて7000万円、たくさんの優秀な子供を産んだベガなど1億7000万円だったそうですが、百万円位のも居るそうです。
でもまぁ4頭で最低2000万円くらいはすると考えて、全部で8000万円!
みなさん高速道路で馬運車を見かけたら、逃げましょう(笑)
万が一見とれて事故でも起こしたら大変なことに・・・・(T_T)
[PR]
by kyoncci | 2008-10-21 22:52 | 北関東の旅
<< 稲毛・ダイヤモンド富士撮影のリ... 人と馬と・美浦トレセン見学記その2 >>


がんばろうにっぽん

カテゴリ
全体
東北旅行
東京の庭園
だいすき福島
千葉ご近所を歩く
北関東の旅
房総半島をゆく
鳥撮りの楽しみ
嫌いなひともいるけれど
いいなぁ神奈川
京都・千年の都
すっきやねん大阪
コスモポリタン神戸
東京メガロポリス
六甲山系の自然
あこがれの信州
関西よもやま話
ひょうごの山と草花
戦国の香り・中部地方
あをによし奈良の都は花ざかり
祭り!フェスタ!イベント!
北の大地!北海道をゆく
日本海は心のふるさと
こんにちは!虫さん♪
この世の天国?南の島
おしらせ
東北関東大震災

九州と南の島々(*^_^*)
水と森の国・滋賀
foreigncountry
関西の奥座敷?麗しの四国
スローシャッターの世界
雪国
未分類

以前の記事
2015年 05月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 07月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 11月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月

お気に入りブログ
2008夏井川渓谷撮影会

最新のトラックバック

ライフログ

検索

人気ジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧