みなさまご無沙汰しております
by kyoncci
お能をめぐる旅その1・丹生神社
関西で生まれ育ち24歳まで住んでいたというのに、奈良へ行ったことはほんの数回です。
これは単に私の実家のある西宮北口が阪急の駅であり、阪急に乗って奈良へ行くには大阪梅田で数回乗り換えなければならないという便の悪さ、のみが理由です。
十三で乗り換えて一本でさっと行ける京都とはわけがちがうのです・・・・
ところが阪神線から直接奈良へ行くことが出来るようになりました。(西宮北口から阪神に乗るためには、阪急今津線を2駅南下すればいいだけです!)

そんなわけでこの春からずっと「一度奈良に行ってみたいな・・・」と思っていました。
ですから「おさんぽ」のメンバー、れっきとしたプロカメラマンのSさん(美女です!)が「GW開けにまだ実家の奈良に居るのだけど、ご一緒に奈良の神社を廻りませんか?」と誘ってくださったときは、正直「天に祈りが通じた?」とすら思いました(*^_^*)

d0113707_749523.jpg


というわけで、今私たち(「おさんぽ」のメンバー数名)は奈良・榛原にある丹生神社の竹やぶにおります。

恥ずかしながら私は榛原が「はいばら」と読むことすら知りませんでした。
奈良のごく一般的な観光地すらあまり覚えていない、というのに
一番最初に行った場所は宇陀市菟田野町入谷という山また山の集落・・・・・・
車を運転して下さったUさんがいらっしゃったので、何とか行きつけましたが、もし徒歩だったらおそらく何度も道を間違えてとても時間がかかったことでしょう。

d0113707_18475342.jpg


山深いところです・・・・
もちろん一般的な観光ガイド本には載っていません。
実は今回の撮影会は、ごく一般的な場所にはほとんど行きませんでした。
企画してくださったSさんは能にもとても堪能なお方。(お母様が金春流を長く習っておられるのです)

ところで皆さんは「能のふるさと」と言うとどこを想像されますか?
京都?いえいえ・・・・実はここ奈良県南部がその発祥の地なのです。

d0113707_18592032.jpg


もともと日本の舞踊の始まりは、4・5世紀に聖徳太子が秦河勝(はたのかわかつ)に命じて、諸人快楽(しょにんけらく)のために六十六番の遊宴を行い、 これを「申楽」と名付けたことである、と言われています。
秦氏は中国・秦王朝(秦の始皇帝を開祖とする)の流れをくむ渡来人で、日本に機織りの技術を伝えたと言われています。
その舞踊は基本的には豊穣を祈り、神仏によろこんでもらえるようなものだったでしょう。

d0113707_1911130.jpg


時代は13世紀、その当時は奈良にはいくつかの申楽を行うグループがありました。
特に有名だったのが法隆寺に奉納していた坂戸座と、談山神社に奉納していた外山座と結崎座、初瀬寺の円満井座、の四座でした。
 当時、この四座を大和四座と呼んでいましたが、これが現在の観世、金春、宝生、金剛という五代流派のうちの四流派の源流でした。四座を現在の流派に当てはめると、観世流は結崎座、金春流は円満井座、宝生流は外山座、金剛流は坂戸座となります。(喜多流だけは江戸時代に発生しています)

d0113707_19155337.jpg


当時結崎座の座長であった観阿弥は、その子・世阿弥とともに京都にある今熊野神社に向かいました。それは、鎌倉幕府の将軍だった足利義満のために申楽を舞うためでした。
 そして観阿弥親子の舞いを見学した義満は感激のあまり、親子のスポンサーとなって申楽を養護するようになったのです。このときから、結崎座は猿楽業界トップの座へと登りつめ、観阿弥親子は能楽史上の不世出のスーパースターとなったのでした。
しかし、今回の旅では京都で開花してゆく能ではなく、その奈良での創生期を追ってみようというのがテーマでした。

d0113707_19205864.jpg


言い伝えではこの丹生神社にも古い能舞台がある、ということだったのですが・・・・
探してもそのようなものは見つかりませんでした。
お社が新しく感じられたので、ひょっとしたら作り変えられた時に舞台は撤去されたのだろうか?
とSさんや他の皆さんと話し合ったのでした・・・・・

それにしても丹生(にう)という言葉をきいて、皆さんは何を想像されますか?
実は丹生、というのは水銀の意味なのです。
ですから全国にある丹生という地は、大なり小なり水銀の産地であったり何か関係があるのですが・・・
ここはまったく関係なさそうです。
それに不思議なことに、奈良南部には丹生○○神社というのが3つもあるのです!
面白いですね~やっぱり京都奈良は。(和歌山にも丹生神社が多いようです)

千葉に戻ってきています。
私が関西を発った時神戸では新型インフルエンザの患者がわずか4人だったのですが・・・・
あっという間に増えましたねぇ~(-_-;)
一応千葉に来る時もずーっとマスクを着用し、今もずっと付けてます(寝る時も!)
というのはもし私が感染していたら、息子はじめ千葉の方にうつすわけになりますから。
今のところ発熱・咳などの症状はまったく出ておりませんが・・・・

プライベートの仕事が忙しく、なかなかブログが更新できません。
写真を撮りに行く暇もありません・・・・・
ということでいつも2日に一回くらい更新していたのですが、今月来月は滞る可能性があります。
せっかく来ていただいたのに、本当に申し訳ございません<(_ _)>
[PR]
by kyoncci | 2009-05-19 19:29 | あをによし奈良の都は花ざかり
<< お能をめぐる旅その2・阿紀神社 もう一度春を満喫?六甲高山植物... >>


がんばろうにっぽん

カテゴリ
全体
東北旅行
東京の庭園
だいすき福島
千葉ご近所を歩く
北関東の旅
房総半島をゆく
鳥撮りの楽しみ
嫌いなひともいるけれど
いいなぁ神奈川
京都・千年の都
すっきやねん大阪
コスモポリタン神戸
東京メガロポリス
六甲山系の自然
あこがれの信州
関西よもやま話
ひょうごの山と草花
戦国の香り・中部地方
あをによし奈良の都は花ざかり
祭り!フェスタ!イベント!
北の大地!北海道をゆく
日本海は心のふるさと
こんにちは!虫さん♪
この世の天国?南の島
おしらせ
東北関東大震災

九州と南の島々(*^_^*)
水と森の国・滋賀
foreigncountry
関西の奥座敷?麗しの四国
スローシャッターの世界
雪国
未分類

以前の記事
2015年 05月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 07月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 11月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月

フォロー中のブログ
2008夏井川渓谷撮影会

最新のトラックバック

ライフログ

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧