みなさまご無沙汰しております
by kyoncci
六甲山高山植物園その3・その他の花々
前回UPしてからかなり時間が経ってしまいました・・・・・
その間、東北郡山へ行き主人のマンションを引き払い、千葉に無事戻ってまいりました。
まだまだ片づけやら設定やら残っておりますが、何とかインターネットは出来るようになりました。

というわけで、今回は六甲山高山植物園の最終回、クリンソウ・青いケシ・オオバオオヤマレンゲ以外のお花です♪

d0113707_912962.jpg


まず最初は「ハナシノブ」、この花に出会った時は本当にうれしかった・・・・
というのも前回は新宿御苑の温室で、しかも鉢植え。「日本の絶滅危惧種展」のことでした。
この花は九州阿蘇地方には昔はどこにでも咲く花だったといいます。
あまりの可憐さ美しさのため乱獲が進み、今では数が限られてしまいました。
それが、故郷の山でしかも露地植えで!!(*^_^*)
ありがたいことです、これからもずーっと咲き誇ってほしい。出来たらクリンソウみたいにかなりの群生になってもらいたいものです♪

d0113707_9155751.jpg





お次は皆さんよくご存知のフタリシズカです。
この花は結構いろんな場所で会いますが、寂しげなでも凛とした美しさがありますね~
私は学生時代にクラブで能をやっていましたから、「二人静」という名前は存じていました。
菜摘女に静御前の霊が憑依し、義経恋しと舞っていると、いつの間にか静御前本人が現れて一緒に舞う・・・・
大変美しい能です。
広告写真などに残像が残っているものがあったり、多重露光でひとつのものを二つ以上に見せたりするテクニックがありますが、世阿弥はあの時代にそういう効果を狙ったのではないのでしょうか?

d0113707_923257.jpg


あまりに小さくて、でも結構柵からは遠くて撮りづらかったシコタンソウ。
名前の由来は、あの色丹島で発見されたからです。
この植物園でもロックガーデンの岩場の陰にひっそりと咲いていました。
北国の高山の寒風が時には吹き荒む場所で、身を潜めてけなげに咲くこの花を想像しました。

d0113707_9251024.jpg


北国といえば北海道、アイヌの美しい娘が恋人のことを謡った「黒百合は恋の花」のクロユリです。
かなり古い歌謡曲ですが、昔時々懐メロ番組で聞いたので知っていました。

黒百合は恋の花 
    愛する人に捧げれば  二人はいつかは結ばれる

父が亡くなる少し前でしょうか・・・・・番組表に「昭和の懐メロ大特集!」というのがあって、父はその放映日を前々から楽しみにしていました。
私も一緒にその番組を見たのですが・・・・・・
今の「懐メロ」はせいぜい私くらいの人にとっての懐かしのメロディ、父が昔口ずさんだ歌はまったく出てこなくて、ものすごく気落ちしていたことを思い出しています。
「ああ、俺の時代はもうとっくに終わってしまったのだなぁ・・・」がっくりと落とした肩がそう語っていました。

d0113707_1162619.jpg


これもまた北国の花、ウスユキソウですね。
名札にはホソバヒナウスユキソウと書いてありました。
後ろの赤はヒメイワタデ、こちらも可愛い花です。
映画サウンド・オブ・ミュージックで一躍有名になったスイスの花・エーデルワイスとは同種ですが、エーデルワイスが向こうでは「高貴な白」という意味で呼ばれているというのは正直びっくりします。
日本人の感覚では「高貴な白」という花なら、牡丹とか蓮とか・・・・・あるいは桃や梅の花でしょうか?
どちらかというと「たくましい強い女性」という感じがするのですが(-_-;)←特に毛がびっしり生えているところが(笑)

d0113707_111538.jpg


↑の花も今回初めて見たような気がします。
クサタチバナ、橘の花に似ているからこういう名前なのだそうですが・・・・・
草と言う割には背が高く、とても草の感じはありません(ーー゛)
橘は当然ミカン科ですが、こちらはなんとガガイモ科だそうです!
ガガイモといえばトウワタやヘクソカズラ・・・・・なんだかちょっと違うイメージです・・・

d0113707_11212065.jpg


大変地味な花ですが、ハナイカダです。
この花が普通に茎の先から咲いていたら、誰も見向きもしないでしょう(笑)
なんで葉のまんなかにあるねん!?(-_-;)
どうやら花は直接葉脈につながっているらしく、どうやら太古に花から伸びる茎が直接葉につながってしまったようです。
そしてそのメリットとは?
あくまで推測ですが「秋に実が生ったあと、落葉したときに出来るだけ遠くに飛ぶことができるから」、つまり葉が魔法の絨毯?のような機能を持つことが出来るから、という説があるそうです。
うーん、植物って本当に面白い(*^_^*)

d0113707_11312792.jpg


最後になりましたが・・・・・ごく普通によく見かけるアマドコロです♪
しかし、このアマドコロよーく見ると余計なものが上に乗っかっています\(◎o◎)/!
実はこの写真を撮った時はぜんぜん気づきませんでした。
あとで現像しているときに・・・・何なんだこの幼虫は?
見事に同化してますよね~ビックリでした。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

楽しかった5年の単身期間を終えて、主人が千葉に戻ってきました♪
おそらく次回は引っ越しの合間に出かけた、最後の東北・郡山の様子をお伝えいたします(*^_^*)
[PR]
by kyoncci | 2009-07-02 11:34 | 六甲山系の自然
<< さらば福島!ありがとうございま... 六甲高山植物園その2・青いケシ... >>


がんばろうにっぽん

カテゴリ
全体
東北旅行
東京の庭園
だいすき福島
千葉ご近所を歩く
北関東の旅
房総半島をゆく
鳥撮りの楽しみ
嫌いなひともいるけれど
いいなぁ神奈川
京都・千年の都
すっきやねん大阪
コスモポリタン神戸
東京メガロポリス
六甲山系の自然
あこがれの信州
関西よもやま話
ひょうごの山と草花
戦国の香り・中部地方
あをによし奈良の都は花ざかり
祭り!フェスタ!イベント!
北の大地!北海道をゆく
日本海は心のふるさと
こんにちは!虫さん♪
この世の天国?南の島
おしらせ
東北関東大震災

九州と南の島々(*^_^*)
水と森の国・滋賀
foreigncountry
関西の奥座敷?麗しの四国
スローシャッターの世界
雪国
未分類

以前の記事
2015年 05月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 07月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 11月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月

フォロー中のブログ
2008夏井川渓谷撮影会

最新のトラックバック

ライフログ

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧