みなさまご無沙汰しております
by kyoncci
カテゴリ:九州と南の島々(*^_^*)( 7 )
蝶たちの楽園 その2
屋久島には蝶も多いですが、もちろん他の昆虫も居ます(*^_^*)

d0113707_747131.jpg


ハイビスカスにとまるバッタさん♪
真っ赤と緑がきれいですね~
ハイビスカスのしべにとまっているのがあまりに可愛くて、パシャパシャ撮ってたら。。。。

d0113707_752189.jpg


逃げられましたぁ(^_^;) ゴメンね、バッタくん~

d0113707_7525730.jpg


d0113707_7531513.jpg


山のように蝶の写真を撮りましたが、あまり屋久島らしいものは撮れませんでした。
数匹は撮れたのですが・・・・
かなりショッキングなものも撮れてしまいました。
そういうものがお嫌いな方は、下の「生命のいとなみ」は決してクリックなさいませんように・・・

生命のいとなみ
[PR]
by kyoncci | 2013-11-03 08:14 | 九州と南の島々(*^_^*)
蝶たちの楽園 その1
屋久島→屋久杉→縄文杉
という構図が行くまでは常に頭のなかにあった私ですが
そういう森林地帯は島のかなり高い場所であって、人々が普通に住んでいる島の周辺(比較的低い場所)は
沖縄や八重山の島々と同じく、亜熱帯で大変昆虫の多い場所でした♪

1、
d0113707_20211818.jpg


同行してくださったメンバーの中に、「昆虫と鳥 博士」と呼ばれる方がいらっしゃったためか
とにかく蝶を見つけたら車から飛び降りて撮りに行く、という毎日でした。
ホテルのそばにまるで私たちのために用意された?ような花園があり
個人の方が趣味で植えておられるようでしたが、通りすがりの我々が撮影するにはもってこいの場所で
4日間の滞在中、ほぼ毎日?通いました(笑)

2.
d0113707_20253589.jpg


1と2は一番よく見かけたモンキアゲハです(*^_^*)
蝶の名前をほとんど知らない私でも、さすがに覚えました(笑)



3、
d0113707_20283449.jpg


蝶というのは表と裏の模様が違うものが多いのですが
この蝶はほぼ?同じ・・・・・

4、
d0113707_20305291.jpg


1羽のメスをめぐっての争いです。
とにかく3羽がひらひら~と好き勝手に飛び回るため
どれにもピントの合う写真を撮るのは大変でした~

5、
d0113707_2032616.jpg


この2羽は晴れてカップルになったものか、はたまた決闘の最中なのか・・・・
私にはまったくわかりませんでした(^_^.)
でも両者ともかなり羽をぼろぼろにしているみたい・・・・
(いやはや恋の戦いは大変ですねぇ~彼らにしてみれば自分の血統を残せるかどうかの瀬戸際ですものね!)

6、
d0113707_2035367.jpg


常日頃私は「蝶の中ではシジミチョウが一番好き!」と公言しているのですが・・・
JRホテルの正面玄関前のソテツの切り株?に群がる蝶をみたとき
「ああ、ヤマトシジミだな~」と思ったのですが。
なんとこれはクロマダラソテツシジミという沖縄中心にいるシジミチョウなんだそうです(;O;)
確かに言われてみると、羽の後ろにオレンジの班がありますね~

一組のカップルが交尾しようとしたとき、横から別の雄(青い背中を見せている)が飛び掛った瞬間です。

7、
d0113707_20412497.jpg


あとで見たら、どちらの雄が勝ったのかはわかりませんが、ちゃんとカップルに戻っていました(^_^.)
やれやれ~良かったです。

8、
d0113707_2042214.jpg


この蝶はウスキシロチョウ?
博士にお名前を聞くのを忘れてました・・・orz

9、
d0113707_20473351.jpg


この子達も恋の真っ最中のようでした♪
抜けるように青い空と黄色い蝶たちが、南国らしくて。。。。

この旅行のほとんどの時間を一緒に過ごしてくれたSさんの若い甥ごさとその恋人さんは
おじさんやおばさん達が、必死になって虫を追いかけているのを
ただ呆然と?眺めておられました・・・・(~_~;) 

次回は蝶じゃない虫と、少しシビアな写真をUPする予定です♪

初めて見た、蝶のヘンテコな習性?
[PR]
by kyoncci | 2013-10-26 20:57 | 九州と南の島々(*^_^*)
屋久島の朝と夜
更新が大変遅くなってしまって申しわけございません。
ようやく屋久島旅行の写真をUPすることが出来ます(^_^.)

d0113707_9221799.jpg


今回の旅行で一番感動したのは、何といっても夜空!!
そんなもの、屋久島でなくても見れるだろう?と言われそうですが・・・・
銀河をこの眼で見たのなんて、小学生の頃以来です。
本当はもっともっとキレイなんですが、とにかく撮るのが下手くそで(泣)


d0113707_925666.jpg


実は屋久島へ行く前に、東条湖の家で数回夜空を撮る練習をしました。
明け方のオリオンも撮りましたが、こんなにすごい数の星はあそこでは見れず(ーー;)
素晴らしいですね~
満天の星空、こんなに素晴らしいものだということを忘れていました。


d0113707_9315141.jpg


そして、夜明け・・・・
特別な場所ではありません、泊まっていたホテルのテラスからです。
沖縄の夜明けも素晴らしかったですが、今回のJRホテルは本当に良かった~
次回もぜひここを利用したいです♪

似たような写真ばかりですが数点UPしています
[PR]
by kyoncci | 2013-10-23 09:42 | 九州と南の島々(*^_^*)
屋久島へ行ってきました!
d0113707_08549.jpg


行く前は「年中雨が降っているところ」
「森と自然の豊かな場所」
ーーーーーだけか、と思っていました。

違っていました、屋久島には海と山と梅雨とかんかん照りの夏と。
亜熱帯と亜寒帯と。
とにかく一日に色んな気候のある、不思議な場所でした・・・・

現在撮った膨大なファイルを見て、たった数日でしたが楽しい日々を思い出しています。
近日、続々とアップいたします♪
[PR]
by kyoncci | 2013-10-03 00:14 | 九州と南の島々(*^_^*)
クルーズ旅行その2 探検ぱしふぃっくびーなす
d0113707_184939.jpg


船の旅はそのほとんどの時間を海上で過ごす。
10日のうち上陸したり埠頭で停泊していたのは半分の5日間だけ。
だから色々なイベントが毎日目白押しなのだが、操舵室(ブリッジ)開放の時間は楽しかったなぁ・・・
乗務員が常時複数名海を見つめて、航海の安全を守ってくれている。

d0113707_18523895.jpg


台湾に向かう途中、↑のような有名な場所のそばも通る。。。
(もちろんかなり離れて通過されたそうだが)
この美しい海と空をこれからも安心して、航海することが出来るように・・・

d0113707_18544695.jpg


面白かったのは、片隅にちゃんと阪神タイガースのシールが貼ってあったこと。
大阪船籍だから?

d0113707_1857781.jpg


興味深かったのは、カメラを扱う者には聞きなれた言葉「スタビライザー」が船にもあるということ。
カメラのものは手振れ補正などに使われ、振動と逆方向に動くことでブレを防ぐ機構なのだが、船の場合も全く同じそうだ。
今回は台湾周囲の海が大時化で、家族全員時間をずらしておかしくなった(常備している酔い止め薬で全快)けれど、ちょっとした揺れならばほとんど気にせず眠れるのはこのおかげ。

d0113707_1914933.jpg


そしてこれが我々の船室。
ビジネスホテルのツイン部屋よりはかなり小さい、そこに三人寝るのだから窮屈・・・・とお思いだろうが意外に問題は無い。

というのも

d0113707_193192.jpg


長い廊下を少し歩けば

d0113707_194246.jpg


広々としたエントランスホールや

d0113707_1943834.jpg


オープンバー「ウインド・オブ・メコン」があるから。
この椅子には良く腰掛けさせてもらった(*^_^*)
すぐに東欧人のウェイトレスさんたちがやってきて、好きな飲み物を持ってきてくれる。
写真中央の女性はアナマリアさん、クロアチア出身だそうだ。
無理に英語を使わなくても、日本語の訓練を受けているのですべて日本語でOK。

この船は実に上手く考えられていて、中央部に3階吹き抜けの部分(円形階段でつながっている)があるため、狭い空間ながら広々と感じる。
この部分にはさらにフロントやPCルーム・図書室なども連結している。

d0113707_1973531.jpg


今回一番お見せしたかったのは、実はこの写真。
船の11階にある大展望風呂である(笑)
時々ネットの質問コーナーに「なぜ日本客船に乗るの?お高いのに。外国船はもっとお安いのに」という疑問がかかれることがある。それは全くの事実。

私なりに思うのは、日本船を選ぶ大きな理由はすべて日本語が使えること。
外国人クルーも多いけれど厳しい審査を通った人たちだから心配ないし、彼らのボスはすべて日本人。

そして一番の理由はどんな素晴らしい外国船にも、展望風呂が無い!ということだと思う(笑)
部屋にはもちろんシャワーがある(アッパークラスの部屋にはちゃんとした風呂もある)でもせっかく海の上に居るのに、それを眺めながらお風呂に入れないなんて!
風呂に行く度、撮影を試みたが常に誰かが入っている・・・(^_^;)さすが日本人。
仕方なく時間外に無理やり入ってクルーに許可をもらって撮らせていただいた。
だから風呂には水が半分位しかはいっていないが、ちゃんと満杯にしてあるし、揺れるたびに相当量の水が溢れてしまうので「かけ流し?」状態である。

d0113707_19204731.jpg


夕焼け時に風呂に行くと、こんな風景が見れるかも・・・・

ここからはかなり細部の写真になりますので、お好きな方だけ♪クリックお願いします
[PR]
by kyoncci | 2013-01-14 19:45 | 九州と南の島々(*^_^*)
クルーズ旅行その1 船旅の醍醐味
d0113707_23343410.jpg


「えっ、飛行機なら2時間でいけるところに3日かけて行くの?ばっかみたい・・・」
今回の旅行に息子を誘ったときに返された言葉。
スピードを要求される現代において、船旅ほど能率の悪いものは無い。
時間もかかる、その間の食費も光熱費も・・・
それでも船旅が好きだ。

d0113707_23345727.jpg


昔四国の親戚のうちに行くときにいつも乗船したのは神戸の中突堤。
今はもうここには港めぐりの遊覧船乗り場しかない。
しかし赤いポートタワー脇の白い貝殻を思わせるホテル、オリエンタルホテル脇には巨大客船が停泊できる埠頭がある。

d0113707_23392681.jpg


去年ふじ丸に乗ったときは、こんな仰々しいセレモニーは無かった。
ごく普通にドラが鳴り響き、港側から「UW旗(ご安航を祈る)」
船側から「UW1旗(あなたのご協力を感謝する)」の交換があっただけ。

d0113707_23444136.jpg


まさかシャンペンが出されるとは・・・
しかしそのおかげでぐっと気分が盛り上がったことは言うまでもない・・・
こうして我々の旅は賑々しく?始まったのであった

d0113707_23501495.jpg


かなり長くなりますがよろしければクリックしてくださいm(__)m
[PR]
by kyoncci | 2013-01-13 00:24 | 九州と南の島々(*^_^*)
COOL & GORGEOUS
d0113707_23365638.jpg


数十年ぶりにハウステンボスに行きました(*^_^*)
昔行ったのは確か息子たちがまだ小さかったころ・・・
私はああいう似非?ヨーロッパみたいな場所が大好きだったのだけれど、息子たちのみならず主人にもあまり受けなくて(~_~;)わずか3時間で退場。。。という苦い経験があります。

その頃から「いつか絶対に独りで行ってやる!」と思っていたのだけれど、今回はからずも「撮影会」ということで夢が叶ってしまいました(笑)

天気も良く無くて寒くて、あまり良い写真も撮れなかったのだけれど
やっぱり私は街撮りが大好き♪

More
[PR]
by kyoncci | 2012-12-10 23:48 | 九州と南の島々(*^_^*)


がんばろうにっぽん

カテゴリ
全体
東北旅行
東京の庭園
だいすき福島
千葉ご近所を歩く
北関東の旅
房総半島をゆく
鳥撮りの楽しみ
嫌いなひともいるけれど
いいなぁ神奈川
京都・千年の都
すっきやねん大阪
コスモポリタン神戸
東京メガロポリス
六甲山系の自然
あこがれの信州
関西よもやま話
ひょうごの山と草花
戦国の香り・中部地方
あをによし奈良の都は花ざかり
祭り!フェスタ!イベント!
北の大地!北海道をゆく
日本海は心のふるさと
こんにちは!虫さん♪
この世の天国?南の島
おしらせ
東北関東大震災

九州と南の島々(*^_^*)
水と森の国・滋賀
foreigncountry
関西の奥座敷?麗しの四国
スローシャッターの世界
雪国
未分類

以前の記事
2015年 05月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 07月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 11月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月

フォロー中のブログ
2008夏井川渓谷撮影会

最新のトラックバック

ライフログ

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧