みなさまご無沙汰しております
by kyoncci
<   2008年 06月 ( 13 )   > この月の画像一覧
布引ハーブ園・その3
夕べから全国的に土砂降りになっていますね・・・・
「いよいよ梅雨も最盛期」なんでしょうか・・・・・
まぁ今までカラ梅雨っぽかったので、あまり雨が降らな過ぎても夏場大変なことになるので(農産物にも被害が!)まぁ仕方ないのでしょうけど・・・・
金沢方面に旅行している主人からメールで「今日は富山にいくつもりだったのだけど、雨がすごいのであきらめて家に戻る」ってお知らせがきました。
せっかくの日本海なのに、せっかくの一人旅なのに、まことに残念なことです。
まぁぬれ鼠になって風邪をひくことを考えれば、仕方ないのかもしれませんが、ね(-_-;)

d0113707_6375638.jpg


前回の記事で「次回はちょっとはマシ」などと書いてしまったので、期待されている方すみません<(_ _)>
今回は布引ハーブ園で出会った虫たちです。花と違ってまぁ昆虫はいつでも居るので、ラベンダーよりは多少マシかなぁ?という程度です(T_T)ごめんなさい。

↑ はツマグロヒョウモンのオスですね♪
この蝶が一羽飛んで来てくれるだけで、花壇がぱーっと明るくなります。

d0113707_64233100.jpg


ハーブの茂みで吸蜜中のスジグロシロチョウ、じみーな蝶ですが、可愛い♪

d0113707_64639.jpg


こちらもお仕事中の蜂さん。相変わらず気忙しいです。
ときどき「蜂とか撮ってて刺されませんか?」と聞かれますが、ぜーんぜん大丈夫です。
危害を加えさえしなければ、彼らは人間のことなんてへとも思っていませんから(笑)
もうちょっと体の大きいクマンバチの場合は、羽音も大きいしとにかくでっかいし、ちょっと怖いですけどね・・・・むしろミツバチより私たちには関心がありません。

d0113707_6502797.jpg


林の中にとまっていたホソミズジチョウ
(いやコミスジチョウ?ミスジチョウ??この3つのうちのどれかです(>_<))
じっくり見ようと近づいたら、逃げられてしまいましたぁ~~

d0113707_6543011.jpg


布引ハーブ園でいちばん多く飛んでいたのが、↑の蝶。
実は私千葉や東京ではこの蝶を見かけたことが無かったのです・・・・・
家に帰ってネットで調べるとテングチョウだそうですが。
背中にふさふさとしたたてがみ?あり。顔は三角。本当にヘンテコな蝶ですぅ。
(おトイレの中にもいっぱいとまってて、ちょっと気色悪かった~~(>_<))

d0113707_714621.jpg


午後の日差しを浴びて、コンフリー畑でせっせとお仕事中の蜂さんたちです。

そして・・・毛虫がお嫌いな方は次は飛ばしてくださいませ<(_ _)>

d0113707_732717.jpg


葉っぱの下では何やらもぞもぞと動くものが・・・・
早くきれいでかわいい蝶ちょになーれ!

d0113707_745510.jpg


このハーブ園はロープウェイの真下にありますから、空を見上げると↑のような風景・・・
落ちたら大変だろうなぁ~~

d0113707_762930.jpg


夕方が近づいてきたので、さて私も家にかえりますか~
それにしても陽が落ちるのが遅い!この写真は4時半ごろ撮りました。

d0113707_775963.jpg


6月の梅雨のシーズンなのに、こんなにすっきりしたお天気は珍しかったです。
ラベンダーには恵まれませんでしたが、それなりに充実した一日でした♪
布引ハーブ園の巻は終了でございます~~ありがとうございました<(_ _)>

主人が旅行した金沢、私は高校の頃に友人と二人旅をしましたね~
すごくよく覚えているのが「忍者屋敷」と「飴の俵屋」、友人とふたりサイクリングで周ったっけ。
思えば中高大とずーっと一緒だったので、よく旅行にも行きましたね♪
彼女の家にもよく遊びに行きましたが、「すごいお庭があるなぁ」------とは思っていたものの、若いころって和風のお庭にはまったく興味が無かったのでいつも見るだけ~
実は今回その枯山水のお庭と離れ・お茶室が国の「有形文化財」に登録されたそうなのです!\(~o~)/
私も関西に居ることが多くなったし彼女から「お庭を見に来られませんか?」というお誘いがあったので、ホイホイ出かけてきました。
次回はその写真をUPさせていただきます・・・・
[PR]
by kyoncci | 2008-06-29 07:21 | コスモポリタン神戸
布引ハーブ園・その1
ロープウェイに乗って、神戸の裏山にある「布引ハーブ園」へやってきましたが・・・

d0113707_9423280.jpg


この公園の最大の見所はラベンダーらしいのですが・・・・
すみません、ちょっと時期が早かったです!
7月入ってからがいいみたいですね~そういえば千葉のドイツ村のラベンダーもそうでしたっけ。

d0113707_9442672.jpg


まぁぽつり・ぽつり、とは咲いていますが・・・
一面の紫の畑を想像していただけに、ちょっと残念です(T_T)

d0113707_9454911.jpg


フレンチ・ラベンダーもまだちょっと、の感じ。
この記事を読まれて「行ってみたいなぁ」と思われた方、これからならいいかも?
ただ、まだまだ梅雨のシーズンが続くのですが。

d0113707_9472919.jpg


ハーブ園ですからいろいろなハーブがありますが、↑はお名前がわかりません~

d0113707_9482574.jpg


アップにするとこういう可愛いピンクのお花です。
なんとなく昔植えたことのある、ローズゼラニウム(蚊取草)に似てるように思うのですが・・?

d0113707_9502796.jpg


↑ も判りません・・・・花の先がとっても面白い形ヽ(^。^)ノ

d0113707_9512280.jpg


↑ はちゃんと立札がありました!トクサだそうです。
木賊と書きますが、この草はむかしから研磨に使われたそうです。
煮て乾燥させたものが「紙やすり」のようになるそうです・・・・(見たことはないのですが)
今でもツゲの高級櫛や漆製品などの微妙なやすりがけ・またオーボエのリード(吹き口)を
みがくために使われているそうですよ!

d0113707_1012215.jpg


日本人女性を表わす、と言われる花「なでしこ」です♪

d0113707_1023189.jpg


これも名前がずーっと判らなくて困っていたのですが、ブログ仲間のakoさんのところで同じものを発見!\(~o~)/ハクチョウソウというのだそうです・・・
確かに確かに、白い鳥が羽ばたいているような花ですよね♪

d0113707_1042060.jpg


布引ハーブ園は一番高いところにある「ハーブ園駅」からとろとろと徒歩で「風の丘」まで歩けるようになっています。
時間があれば布引の滝にも行きたかったのですが・・・・(T_T)
今回はあまり写真が良くなくてすみません。

d0113707_191899.jpg


関西に住むようになって2か月ちかく経ちましたが・・・・・
千葉に住んでるときには絶対にありえなかったこと、それは修道院のシスターとよくお会いすることです(*^_^*)
本屋でふと隣をみると、シスターが本を探していたり、電車の前の席でシスターが口を開けて寝ていたり(笑)
嫁に来る前はそんなに気にしてなかったのですが、「阪神間は日本でいちばんシスター人口が多い地域?」と思うことが多いです。
ーーーーそれでね、ありていに言うと「シスター=神さまのしもべ」という雰囲気じゃないんですよ~~皆さん。とってもフレンドリーで優しそう、そして豪傑
この時にハイキングに来られていたシスターも、そんな感じの方でした♪

次回は今回よりちょこっとマシ・・・な写真になると思います。
すみません<(_ _)>
[PR]
by kyoncci | 2008-06-27 19:33 | コスモポリタン神戸
神戸空中散歩
d0113707_8255012.jpg


関東から戻ってきて、いちばん最初に出かけたのは神戸でした(やっぱり)。
前回の神戸港は用事のついで・・・・という感じだったのですが、今回は比較的父の介護の楽な午後に出かけました。
↑ は神戸三宮。これから私は生まれて初めての神戸の地下鉄に乗るのです。

d0113707_8284717.jpg


展開が非常に速いのですが(笑)神戸地下鉄でJR新神戸駅まで行って、そこからはなんと!
ロープウェーに乗り換えます!ヽ(^。^)ノ
いえ前回が海だったので、今回はちょっと山へ行ってみようかとおもって・・・・
もちろん私が嫁に行くまでは、こんな素敵な乗り物ありませんでした~

北野一丁目から「風の丘」を通り、布引ハーブ園まで続いています。


d0113707_8314213.jpg


映画「火垂るの墓」をご覧になった方はおわかりと思いますが(最後のシーンで亡霊たちが神戸の見た側の山上から町を見下ろすシーンがあります)、神戸という町は南北がとても狭く、北の方へ坂を登っていくとあっという間に六甲山系のどこかの山に突き当ります。

↓ は、神戸の写真地図です。新神戸から少し西に行くと北野一丁目、ここからロープウェイが出発するのですが、横はすぐ山!

d0113707_848512.jpg


ちなみに前回UPした神戸の港は、写真中央下の「旧居留地大丸前」から「ポートターミナル」あたりになります。

d0113707_130949.jpg


神戸では北のことを「山側」、南のことを「海側」と呼ぶのが、おわかりになって頂けるでしょう・・・

d0113707_1333699.jpg


ロープウェイの中間点「風の丘」駅近くでは、なんと布引貯水池も見えます。
この人工湖のちょっと奥に有名な「布引の滝」があるのです♪
今回は時間が無くて行けませんでしたが、次回はぜひ寄ってみたいですね(*^_^*)

d0113707_1336125.jpg


これ↑が、「風の丘」駅、ここで降りて湖に行くグループもあります。
私が最後に布引の滝に行ったのは、確か働いていたころですからもう30年くらい前。
あのころは一生懸命山を登っていったものでした・・・・
便利になったんですねぇ、神戸も(-_-;)

d0113707_1337128.jpg


「風の丘」を出発すると、急激に高度が上がります。
どんどん神戸港が遠くなる・・・・\(~o~)/

d0113707_13383335.jpg


300mm望遠レンズを使って撮ったポートターミナルの様子です。
かまぼこのようなのがオリエンタルホテル。
港めぐりの船でしょうか?白い波をけたてて、進んでいきます・・・・

d0113707_1341721.jpg


山の上に、今日の目的地「布引ハーブ園」が見えてきました!
次回はこちらからお届けいたします♪

今回は説明が長くなってもうしわけありません<(_ _)>
しばしの空中散歩を楽しんでいただけたら、うれしいです♪
[PR]
by kyoncci | 2008-06-25 13:51 | コスモポリタン神戸
花の寺・長谷寺その3
d0113707_7192260.jpg


長谷寺の急な階段をどんどん上へ上へと登っていきます・・・・・
もちろんまわりは全部アジサイです。

d0113707_7205616.jpg


まだまだ三分咲き・・・・位の感じでしたが、それでも充分楽しめました。
それにここにはもっと楽しいことが、もうじき待っているのです(*^_^*)
坂を登りつめると。。。。。。

d0113707_723547.jpg


アジサイの向こうに見えるのは。。。。
ほら、海っ!!\(~o~)/
遠くは源実朝が、現代では加山雄三が・サザンが愛した湘南の海!!
d0113707_7254797.jpg


成就院の坂で見た時より、だいぶ満ちていますね~
ヨットやウィンドサーフィンがどっと繰り出しています(*^_^*)

d0113707_7285077.jpg


また階段を降りてお寺に戻ります。
シモツケでしょうか?赤い花が・・・・・・
アジサイ・イワタバコだけではありません。

d0113707_7312081.jpg


都忘れ・・・・
名前の由来は、承久の乱にて佐渡に流された順徳天皇がこの花を見ると都への思いを忘れられるとの話によるとされます。
だから花言葉は「別れ」や「しばしの憩い」、日蔭でこの花に出会うと涼しげでほっとします♪

d0113707_735224.jpg


なんと!これは喜多方で見たヒメサユリ?それともササユリ??
懐かしい花です・・・

d0113707_7372294.jpg


ヤマボウシですねぇ?もうそろそろ終わりの時期ですが・・・・
ヤマボウシはもちろん「山法師」、白い総苞が白いずきんをかぶった山法師を連想することから付けられた名前ですが、長谷寺にはぴったりのお花です(*^_^*)

d0113707_7443665.jpg


↑ はまぁこの時期どこにでもあるのでしょうけれど・・・・ホタルブクロ。
ずーっと「女のひとのスカートみたいだなぁ♪」と思っています(*^^)v

d0113707_7401426.jpg


遠足の子供たちでしょうか?
お池のカキツバタをバックに、記念写真を撮ってもらっていました。
礼儀正しいこどもたちで、本当にうれしかった♪
このごろ電車の中で座り込んだり、傍若無人な振る舞いをする子供が多いので・・・・・
ありがとう・お願いします・失礼しました、こんな当たり前の会話ができる子がただうれしい♪

d0113707_7492471.jpg


なんと、もう萩が咲いていました・・・・・
普通は8月末から咲き始めるのに、秋を感じるのは嬉しいことなのですが。

長々と続いた鎌倉編、今回でおしまいです~
お付き合いくださって本当にありがとうございました<(_ _)>
次回はえへへ、また関西に戻ります♪
[PR]
by kyoncci | 2008-06-23 07:53 | いいなぁ神奈川
花の寺・長谷寺その2
d0113707_6571180.jpg


長谷寺のアジサイはもちろん超有名ですが、もうひとつ忘れてはならない「花」、それがイワタバコです。
初めてこの花を見たのは、北鎌倉の円覚寺の中でだったのですが、6月のじめじめした梅雨のさなか、薄暗い岩肌に小さい星のような花がいっぱい咲いているのを見たときは嬉しかったです。

d0113707_74095.jpg


セントポーリアなどもおなじ「イワタバコ科」ですが、くっつきあった5枚の花弁と
柔らかい毛の生えた丸い葉、なんとなくネコを連想する花です。

d0113707_761080.jpg


鎌倉のひとたちはこの花がお好きですね~
いつも行くクリーニング屋さんも、魚屋さんも、この花を鉢植えにして楽しんでおられました。
割と簡単に栽培できるみたいですね~半日蔭でも咲くようだし。

d0113707_795687.jpg


でもここ長谷寺のイワタバコは、お寺だけに独特の雰囲気があります。
あまりに花や風景が美しいので忘れかけてしまうのですが、
れっきとした真言宗のお寺、境内でまず目をひくのが水子地蔵さまでしょう・・・・

d0113707_7143872.jpg


御供養のためのロウソクが灯されて・・・・・・

d0113707_7155147.jpg


たくさんの水子地蔵たちをやさしく見守るような、仏さま・・・・・・

d0113707_7165961.jpg


長谷寺の名物?一回転させることで 一切経(大蔵経)をすべて読誦したことと 
同じ功徳が得られるという 輪蔵(まわり堂)です。
うーん、これを発明した人は合理的というか・・・・??

「輪蔵は中国梁の時代(五世紀)、傅大士(ふたいし)の発明といわれています。
蔵の中には一切経が収められていて、時計方向に一回転させると
一切経を一通り読んだのと同じ功徳が得られる、と言われています」だそうです(-_-;)

d0113707_7301420.jpg


坂道にそこはかとなく咲く、ユキノシタ。
こんな何気ない景色も、非常に鎌倉を感じさせる場所です。

次回は長谷寺そして鎌倉の最終回、海の眺めとその他の花々をお届けいたします♪
[PR]
by kyoncci | 2008-06-21 07:41 | いいなぁ神奈川
花の寺院長谷寺・その1
御霊神社から江ノ電・長谷駅へとろとろと少し歩くと、長谷寺の裏門へ出ます。
このお寺は鎌倉五山に入ってるわけではありませんが、観光客の多さではピカ一じゃないでしょうか・・・・というのもいつ行っても花であふれているのです。

d0113707_14483212.jpg


私が最初にこのお寺に来たのは、住んでいた時ではなく写真の撮影会で、でした。
確かそのときは紅葉を撮りに来たのですが、桜・梅・・・・そういう季節も美しいお寺です。

d0113707_14513087.jpg


もちろん!アジサイの季節は格別ですね~ちょっとまだ咲き揃ってなかったのですが
これが満開になったら、さぞ壮観でしょう♪

d0113707_1453382.jpg


前回の御霊神社には鎌倉権五郎という「伝説の人物」が祀られていましたが、
この長谷寺にはそれほどの有名人?は居ないみたいですね・・・・
それでも一日に観光バスが数台連なってくる大寺院ですから、非常に経営の上手い?お寺なんでしょうねぇ(*^_^*)

d0113707_14554353.jpg


山道もすべて両側はアジサイで埋め尽くされて・・・・
もちろんチリひとつ落ちていません。
大変清潔で女性っぽいお寺、だと思います。

d0113707_14572341.jpg


前回も少しご紹介した、ヤマアジサイ。
この鎌倉に生えているものは、普通のより赤みが強いように思います。

d0113707_1459470.jpg


そして鎌倉の山によく似合う、深い深いブルーのアジサイ。
この色のアジサイはなかなかありません・・・・
ちなみに鎌倉から転居したとき、この色と先ほどのヤマアジサイを持って行って挿し木したのです。
25年経って・・・・いま二つとも元の色とは似ても似つかぬ(-_-;)色の花を咲かせています・・・

d0113707_151596.jpg


あーっ、こういう深い色のアジサイが欲しかった・・・・(T_T)

次回はこの季節、鎌倉の山肌を彩るイワタバコ。
そしてその他の花々をお届けいたします♪
[PR]
by kyoncci | 2008-06-19 15:04 | いいなぁ神奈川
鎌倉・御霊(ごりょう)神社にて
成就院から極楽寺へ少し歩き、今度は江ノ電にのってひとつ鎌倉よりの「長谷(はせ)」で降りました。
極楽寺駅前には昔懐かしい「なんでも屋さん」が一軒あるだけですが、「長谷」はちがいます。
ここには有名な大寺院・長谷寺があるため、お土産物屋さんが軒を連ねているのです。
時間があればそういうお店を覗くのも楽しいのですが。。。。。夕方までにはまた千葉に戻らなくてはならないので、喧噪の通りを避けて江ノ電に沿って今来た道を少し戻ると・・・・

d0113707_8424291.jpg


知る人ぞ知る、御霊(鎌倉権五郎)神社があります。
鎌倉権五郎は本名・鎌倉影政、平安時代後期の関東平氏の一族であり武勇の誉れ高きことで有名です。

d0113707_11264764.jpg


16歳の時源義家の陣営に連なって後三年の役(1083年-1087年)に従軍しましたが、敵軍に左目を射抜かれてしまいます。景政は屈することなく射手を倒し帰還しますが、左目に突き刺さった矢を抜こうと、一人の武士が景政の顔に足をかけたところ、景政はその非礼に対し
「生きながら顔を踏まれるくらいなら、今すぐ殺せ」と叱責したといいます。
仕方なく武士は膝を顔に押し付けて、矢を抜いたそうな・・・・(-_-;)
いやはや何とも、すごい逸話であります。

d0113707_11315271.jpg


それ以来この神社は「眼病にも霊験あらたか」ということになっているそうです。
鎌倉武士の血の色みたいな・・・山アジサイの赤です。

d0113707_1134172.jpg


この神社のすごいところ、それはなんと境内を江ノ電が走っていることです!

d0113707_1135691.jpg


まだちょっとアジサイは満開になっていなかったのですが、満開になったときにはこのあたりはカメラマンのメッカとなるそうです♪
それにしても改めて「江ノ電って単線だったんだぁ・・・」(>_<)と思う。
昔鎌倉に住んでいたころには、まだ小さかった二人の息子をこの電車に乗せて、藤沢まで行ったものです。
稲村ケ崎から車窓に海が開けるので、ただそれだけで二人は大はしゃぎでした♪

d0113707_11383340.jpg


神社の境内は薄暗く、青いアジサイが昼なおくらい林の隅でひっそりと咲いていました。

d0113707_11394879.jpg


このあたりの地形はどことなく、宮城の瑞巌寺のあたりを思い出します。
どちらも海沿いで崖の岩が柔らかい感じ・・・

d0113707_11442171.jpg


権五郎神社をあとにして、観光客でにぎわう長谷寺へ行くことにしました。
↑は途中で見かけた綺麗なお花。
「ツクシカラマツ」という名札が掛けられていました。

d0113707_1147862.jpg


こちら ↑ は、なんという花か判りません・・・・
ひっそりとほほ笑む美人、という感じの花でした♪
[PR]
by kyoncci | 2008-06-17 11:53 | いいなぁ神奈川
鎌倉・成就院のアジサイ
千葉に居た一週間、ずーっと雨ばかりだったのですが(なんたる不運!)
明日は西宮に帰る、という前日の金曜日だけは綺麗に晴れました。
最後のチャンスにどこへ行こう?といろいろ案を練ったのですが、たまたま見たブログに
「鎌倉でそろそろアジサイが咲きだした」という記事があったので、運を天にまかせて行ってみることにしました。

d0113707_847195.jpg


私が5年住んだ北鎌倉には「別名アジサイ寺」とも呼ばれる「明月院」がありますが
あそこは内陸部ということもあって、少し咲き出すのが遅い・・・・ということで、海岸にある成就院に行ってみました。
江ノ電「極楽寺」で電車を降りて、海の方へ峠を一つ越えると・・・・
うわあ、アジサイの道がずーっと続いています。\(~o~)/

d0113707_9195566.jpg


しかも、この道からは海(由比ヶ浜)がきれいに見えます。
鎌倉に住んだ5年間、ここへは一度も来たことが無いのです、惜しいことをしました!
ちょうど引き潮で海辺で遊ぶ人たちが、はっきりと見えています。

d0113707_9215747.jpg


坂の下から上を見ると、こういう感じです。
人が少ないように見えていますが、とんでもない!(>_<)
まさに江ノ島の海水浴場並にものすごーく混んでいました(笑)
人波がとぎれるのを、辛抱強く待ったのですよ♪

d0113707_9234838.jpg


坂の上で水彩画を描く、おばあさま。
いかにも「鎌倉婦人」という感じの、アジサイのような方でした♪

d0113707_925423.jpg


この「アジサイの坂」は成就院の前の通りです。
お寺の中に入ってみると、とても小さいお寺なのですがやっぱりほの暗い境内にはアジサイが植えられていました。

d0113707_9263199.jpg


鎌倉以外では見たことが無い、イワタバコも!
この花はこの街にとてもよく似合う花です・・・・・

d0113707_9273652.jpg


これからお参りに行かれる方でしょうか?
すごい坂道なので、お疲れになったのでしょう・・・・休み休み杖をついて登って行かれました。
門では長いこと息をととのえておられました。
思わず西宮の父を思い出しました。

d0113707_92946100.jpg


見上げれば、まるで房のように咲き誇るアジサイ。

d0113707_9304468.jpg


崖の一方にはちいさな菊のような花が、壁一面に咲いています。

d0113707_9315755.jpg


これはペラペラヨメナという花です。
お茶花にもよく使われる花で、鎌倉に住んでいたころの家の庭にも咲き乱れていました。
実はーーー千葉の家に移るときに移植したので、少ないながらも玄関脇で咲いています♪

d0113707_9342546.jpg


「いかにも鎌倉らしい」おうち。
いやぁ、やっぱりいいなぁ鎌倉は(*^_^*)
たとえ道が狭くて車使うのが大変でも、観光客が山ほど居ても、物価は東京都内並でも(笑)

次回は隣の駅「長谷」へ行きます♪
[PR]
by kyoncci | 2008-06-15 09:43 | いいなぁ神奈川
久しぶりの新宿・その2
d0113707_771356.jpg


東北に居る時・・・たとえば磐梯山とか猪苗代湖とかでは、もちろんあまり撮りたくない煩雑な場所もあるけれど、少し離れればすぐに雄大な風景が待っていてくれます。
ところが新宿御苑というのは、そういう意味では中途半端な場所で、花(たとえば桜とか梅とか)が咲いていればそれなりに風景写真が撮れるのですが、6月でしかもまだアジサイが咲いていないーーーとなると、風景写真としては「?」なものしか撮れません。
↑はまぁそんな中でも、一応「御苑らしいかな?」と思って撮った一枚。
NTTタワーを見れば、ここがどこだかすぐにわかるヽ(^。^)ノ

d0113707_7135954.jpg


サツキもそろそろ終わり。。。。。アップで撮るには花弁が痛んでるので耐えられませんが、風景の彩りになってもらいました。

d0113707_716634.jpg


これも向こう側のピンクはサツキです。
カエデの新芽が伸びて・・・・

d0113707_7391431.jpg


雪のような白い花を撮っていたら、となりに外国の方が・・・・
そうなんです、ここ新宿御苑には大変海外からのお客様が多い。
これもまた新宿という魔都(笑)のすぐ近くだからでしょうねぇ(-_-;)

d0113707_7461595.jpg


もう花は終わりかけでしたが。。。。バラ園にて。

d0113707_7431358.jpg


アラブの女性でしょうか?大変お綺麗で、でもどっちがどっちか判らないほどソックリなお二人連れ。

d0113707_745372.jpg


ドイツ系の男性?一心不乱にバラを見つめる。。。。。
故国に残した恋人のことでも思い出しておられるんでしょうか??

d0113707_7485041.jpg


いくつかの小さい花は咲いていたものの、この日はおめあてのアジサイもダメでしたし
バラはもう終わりかけでしたし、空振りかなぁ?と思っていたら
なんとタイサンボクだけは満開でした!
しかしいつみてもでっかい花ですね・・・・・
もうちょっと低い位置に咲いてくれると、うれしいのだけど(-_-;)無理か?

d0113707_7512455.jpg


陽が西に傾いて。。。。新宿御苑はなんと4時半に閉園するので、急いで新宿門へ。
今度はいつまた来れるかわからないけれど、さらば!

さてーーーー前回は「蛇の水泳」というちょっと不気味な写真をお届けしたのですが
今回もまた・・・・なのです。
いつもの通り中華風の建物・台湾閣(旧御涼亭)からプラタナスの並木へ抜けようとしたら・・・

d0113707_7573076.jpg


なんかいっぱい、カラスが集まってる木があるっ!!\(~o~)/

d0113707_7582181.jpg


ヒマラヤシーダーの木なんでしょうけど、
何故??こんなにいっぱいカラスが・・・・??
不気味ですぅ・・・近くに何か動物の死骸でもあるのかとも思ったのですが
別にとりあいをしているわけでもないし。

ーーーーーカラスを呼ぶ木??((+_+))????

気持の悪いものをお見せして、申し訳ありませんでした。
[PR]
by kyoncci | 2008-06-12 08:05 | 東京の庭園
久しぶりの新宿御苑・その1
約3年前の5月、初めて買ったデジタル一眼レフを抱えて私はドキドキしながら新宿御苑に居ました。F先生の元での最初の撮影会が開かれていたからです・・・・

d0113707_530119.jpg


生活の主な場所を関西に変えたため、F先生のクラスは泣く泣く辞めざるを得なかったのですが、先生やクラスの方々とのきずなはまだ切れてはいません。
実は今回先生から「半蔵門のカメラ博物館で7月末から開かれる“デジカメ百人展”に数点出してほしい」ということだったので、久しぶりに皆さんの教室をおたずねいたしました。

d0113707_5334964.jpg


楽しくランチをご一緒に過ごさせていただいたあと、ひとり新宿御苑へやってきました。
「もしかして、そろそろアジサイが咲いていないか?」と思ったのですが・・・・・
ダメでしたね、まだまだの感じでした。
でも木蔭ではヒメジャノメが迎えてくれました。

d0113707_5401237.jpg


いつも御苑へ来るとうらやましく感じます。大阪や神戸には町中にこれほど大きな公園が無い。
新宿御苑の敷地は、天正18年(1590)に豊臣秀吉から関八州を与えられた徳川家康が江戸城に入城した際、譜代の家臣であった内藤清成に授けた江戸屋敷の一部でした。

d0113707_5424573.jpg


明治5年、政府は内藤家から上納された土地と買収した隣接地を合わせた58.3haの敷地に、我が国の近代農業振興を目的とする「内藤新宿試験場」を設置しました。
園芸の外国化に備え、広い園内にはニマラヤシーダー・プラタナス・ユリノキなどが植えられました。ですからこの御苑の木々は太くて大変立派なものが多いのです。
大正時代にはなんと!園内に9ホールのゴルフ場まであったそうです。

d0113707_5491947.jpg


その後の幾多の変革を経て、戦後の昭和22年12月新宿御苑は皇居外苑、京都御苑とともに国民公園として運営される旨が閣議により決定し、昭和24年5月21日に「国民公園新宿御苑」として一般に開放され、昭和25年に厚生省の所管となりました。

d0113707_5511458.jpg


夏でもうっそうとした森の中には・・・・あははキノコさんです!(*^_^*)

d0113707_5521390.jpg


こっちにも~これでこびとさんが座ってくれていたら、完璧だったのですが~

d0113707_5531741.jpg


さて、橋のうえから向こう岸を眺めていると、なにやら長いものが・・・・
(お嫌いな方は、どうかここでブログを閉じてくださいませ<(_ _)>)

d0113707_5544247.jpg


ひええええーっ!!そばにいた女の子たちも絶叫しています・・・・・
ものすごいスピードで泳いできます。
途中コイが居たので「喰われるのでは?」とみんな心配したのですが
ヘビさんは羊歯にもかけず(笑)まっすぐ橋の下をくぐって・・・・

d0113707_5565547.jpg


ーーーーーそして向こう岸にむかって必死で泳いで行ってしまいました・・・・
残された私たちもポカーンとしてましたが、途中で出会ったカメさんも、かなり驚いた様子でした。
(当たり前ですよね~普通あんなもの、池の中に居ませんもの)

長いものお嫌いな方本当にすみません<(_ _)>
次回は御苑のつづき、バラの庭園のほうへ行ってみようと思います♪
[PR]
by kyoncci | 2008-06-10 06:02 | 東京の庭園


がんばろうにっぽん

カテゴリ
全体
東北旅行
東京の庭園
だいすき福島
千葉ご近所を歩く
北関東の旅
房総半島をゆく
鳥撮りの楽しみ
嫌いなひともいるけれど
いいなぁ神奈川
京都・千年の都
すっきやねん大阪
コスモポリタン神戸
東京メガロポリス
六甲山系の自然
あこがれの信州
関西よもやま話
ひょうごの山と草花
戦国の香り・中部地方
あをによし奈良の都は花ざかり
祭り!フェスタ!イベント!
北の大地!北海道をゆく
日本海は心のふるさと
こんにちは!虫さん♪
この世の天国?南の島
おしらせ
東北関東大震災

九州と南の島々(*^_^*)
水と森の国・滋賀
foreigncountry
関西の奥座敷?麗しの四国
スローシャッターの世界
雪国
未分類

以前の記事
2015年 05月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 07月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 11月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月

フォロー中のブログ
2008夏井川渓谷撮影会

最新のトラックバック

ライフログ

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧