みなさまご無沙汰しております
by kyoncci
<   2010年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧
世界食・インスタントラーメンの世界・その2
更新が遅れてしまって、すみません。
相変わらずまったく写真を撮りに行く時間が無くて、困り果てております・・・・
というわけで前回にひきつづき、大阪府池田市にあります「インスタントラーメン発明記念館」より。

d0113707_2134892.jpg


記念館の壁一面にあ、日清食品がこれまでに発売してきたラーメンその他の実物が貼ってあります。
とにかく始まりは↑、1958年8月25日に発売されたチキンラーメン。
これがすべての「原点」でした。

d0113707_2181276.jpg


↑のふたつは、まったく覚えがありません・・・(どなたか食べたことある方いらっしゃいますか?)
和風チキンラーメンとチキンラーメンプラスカレーです♪
このサイトには「袋めん」の歴史がつづられているのですが。
どうやら1960年ごろから、日清食品と同様の袋づめ乾麵を扱う会社がどーっと増えたようですね。
東洋水産・明星食品・マルタイ・徳島製粉・・・・今でもバリバリの現役ばかりです。
その中でもチキンラーメンに次いで私が好きだったのは、エースコックのワンタンメン。
チキンラーメンより作るのに手間がかかりましたが(鍋に入れて煮ないとダメ)、ほんの申し訳程度に入ってるうすーいワンタンがなんとも・・・・(>_<)
お味もチキンラーメンのようなインパクトのあるものではなく、ぼんやり~と美味しい(特に病気の時は嬉しい)ラーメンでした♪

そういうこともあって、インスタントラーメンの世界は「群雄割拠」に入るかと思いました。
そんな中、本家本元の日清食品が打ち出した大発明!!それは・・・

d0113707_2283740.jpg


世界初、カップラーメンの登場でした。(1971年)
チキンラーメンの時は「うどん玉6円に対して35円は高い」と卸売から猛反発がありましたが
今回は「35円のチキンラーメンに比べて100円も高い!」とブーイングの嵐だったそうです。
100円くらい・・・・とお若いかたは思われるでしょうけれど、当時の100円は本当に貴重でした。

販売ルートも閉ざされ、困り果てた安藤氏はその頃始まった歩行者天国に目を付けました。
闊歩する若者はGパン(死語)やミニスカートにTシャツ姿、新しいやり方にすぐに慣れてくれたようです。
ところが・・・・やっぱり「外で食べるなんて」「立ったまま食べるのはお行儀が悪い」という方も多数いらっしゃって、営業は苦労されたようです。
(安藤氏は欧米に売り込みに行ったときに、外国のみなさんが長いフォークを突き刺してヌードルとして食べているのを見て「必ず世界に広がる」と確信したそうですが)

その後、とある事件をきっかけにカップヌードルは爆発的に売れることになります。それは・・・

d0113707_2483995.jpg


1972年2月に起ったあさま山荘事件でした!(写真は文芸春秋社のサイトからとらせていただいております)
カップヌードル発売から5ヶ月後のことです。
連合赤軍の五人が長野県軽井沢町のあさま山荘に逃げ込み、管理人の妻を人質に立てこもったのです。警察は千百人を動員して包囲しましたが、ライフル銃で武装した犯人はここに籠城して一週間以上膠着状態が続きました。
零下15度にもなる現地に警察官の食料を届けてもすぐに凍りつき(弁当など)食べることが出来ません。いつ突入があるかもしれない状況で、すぐに食べられて・暖かく・栄養価も高い食品として白羽の矢が立ったのがカップヌードルでした。
私は当時中学1年、毎日家に帰ると同時に祖母に「事件どうなった?」と聞くのが日課でした(笑)
全国民が息を飲みつつ見つめるブラウン管の中で、実に美味そうに!!ラーメンをすする警察官さんたちが写りました。
そのおかげで、あれだけ抵抗があったのにもかかわらず、それ以後は爆発的に売れるようになります。

d0113707_2592120.jpg


こうして、袋詰めラーメンとは全く違う系列が生まれたのです・・・・

そして現代ではむしろこちらの方が主流なのではないでしょうか?
(少なくとも我が家では、私が居ないときの代替メシとして使用されているようです(>_<)
買い置きできて、お湯をかけてすぐ食べられて、容器を洗う必要もない。こんなに便利なものが他にあるでしょうか?)

そしてインスタントラーメン→カップラーメンは更なる進化を遂げます。
それが・・・

d0113707_335237.jpg


ジャーン!!宇宙食スペース・ラム(ラーメン)です。
スペースシャトルや宇宙ステーションの中で長期滞在しながら作業を続ける宇宙飛行士さんの健康を支え、かつ楽しく食事ができるようにとさまざまな工夫が凝らされていますが
特にラーメンというのはアジア系の人々にとってはたとえようもないほどホッと出来る食品のようです。(ちなみに私は17歳のときにイギリスの片田舎に1ヶ月いたことがあるのですが、不味い料理と不慣れな香辛料でまったく食事が喉を通らず、5キロ痩せました。そのとき死ななかったのは、町に一軒だけあった中華料理屋で時々ラーメンをすすってたからだと確信しています(>_<)麺は伸びて悲惨なものでしたが、少なくとも懐かしい味でした!)

d0113707_3135617.jpg


実際にスペースシャトル内でスペースラムを食する、野口総一宇宙飛行士。
この「宇宙ラーメン」とも呼ばれるスペース・ラムはカップヌードルをベースとしていますが、一般に食べられているカップ麺とは少々異なり、袋の中に摂氏約70度と低温の湯で柔らかくなる(宇宙では沸騰しない)円筒状にまとめられた麺3塊が入っており、これに湯を注入、所定時間置いてから袋を破って円筒状になった麺をフォークや箸て食べるそうです。なおスープは少量で麺にまぶす程度しかありませんが(飛び散るので)、満足感を増すためにやや香辛料を効かせた味となっているそうです。

さて、当館では奥に「最新の日清食品のカップラーメン」を食べることが出来る、テイスティングルームがあります。

d0113707_320866.jpg


そこで、主人は「行列のできるラーメン新潟」・私は「ポークチャウダーヌードル」を食べました♪
どっちも美味しかったけど・・・・・
「新潟」のほうは、もう本当に「これ、本物のラーメンとちがうの?」と思うくらいのシコシコ感。スープも美味しくて思わず全部飲んでしまいそうになるほど。
ポークチャウダーも麺こそ普通のカップヌードルですが、具がすごい!噛み応えがあるんですよね~
カロリーのこととか考えるとしょっちゅう食べるわけにはいきませんが、たまになら便利でいいなぁ♪

そのほかにも「ごぼう天うどん」と「トン汁うどん」があって、これもぜひ食べたかった・・・・

さてブログの次回なのですが、本当は今回でインスタントラーメン記念館は終りにするつもりでした。
ところが「行ってみたい」「興味があった」とおっしゃる方が意外に多く(ありがとうございます)、予約して行かれる場合はぜひこの館の目玉商品?ともいうべき「ラーメン手作り教室」を体験していただきたく、次回にその様子をUPすることにいたします。
私たちはふらっと出かけたので出来なかったのですが・・・・絶対に面白いと思いますよ♪

More
[PR]
by kyoncci | 2010-02-27 03:58 | 関西よもやま話
世界食・インスタントラーメンの世界・その1
2月に入ってからまったく写真を撮る暇が無く、ようやく先週丹波の山の公園に節分草を撮りに行ったのだけど大雨(>_<)しかも休園日で入ることすらできず・・・・
というわけで、仕方なく今回からは観光?で出かけた大阪府池田市にある「インスタントラーメン発明記念館」の模様をお届しようと思います。

d0113707_23263794.jpg


実はね、前からこの施設には行ってみたかったんですよ・・・・
主人の実家のある池田市、その出身で一番の有名人といえば安藤百福さん!!
いわずと知れたあの「日清チキンラーメン」の生みの親であります。
インスタントラーメン発明記念館の前には、チキンラーメンの袋を手にすっくと立つ百福さんの銅像が(*^^)v

d0113707_23364478.jpg


館内に入って、まず目に留まるのが↑の小さな小屋です。
これは昭和33年3月5日の安藤氏の研究小屋を、内部もそのまま再現したもの。
彼は1910年(明治10)生まれ、父の持っていた小さい繊維会社を継ぎ、メリヤスの商売で財をなしましたが頼まれて就任した信用組合が破たん、それまでに築いた財産のほとんどを手放し、当時残されていたのはこの小屋と横に建つ母屋だけだったということです。

d0113707_2345579.jpg


昭和20年の敗戦とそれに続く動乱の時期、彼はいつも疑問に思っていたそうです。
GHQによる経済援助、それはほとんど小麦粉で作られたパンばかり。これはアメリカで大量に余っていた小麦の新市場開拓のためだったそうですが、梅田の路地裏の屋台の麺売りに長蛇の列が出来ているのを見ながら「なぜ麺製品ではダメなんだ?東洋での歴史は古いのに」と不満たらたら。
厚生省に「新食品の開発を」と提言したところ「どうぞご自分でなさってください」と体よく断られ、一念発起してこの小屋で必死に新しい麺作りに励んでいたのです。

d0113707_2352476.jpg


彼が狙っていたもの、それは当時メキメキと増え始めていたスーパーマーケットで売れる、清潔でスマートな製品でした。
実は私も昭和33年生まれなんですけど(恥)3つくらいの時、新しモノ大好きな母方の祖父が「神戸に出来たマーケット」に連れて行ってくれたものです。思えばあれはダイエー神戸店でした(笑)
買い物かごを持って市場へ行く、という消費の形態が根本から変わったのがこの時期でした。
映画「三丁目の夕陽」にも登場してましたが、「冷蔵庫」が一家に一台の時代になり、毎日買い物せずに貯めておけるようになったのです。そのときに一緒に買っておいて常温で保存できる麺、乾麺の製造にとりかかりました。

d0113707_055065.jpg


ある日、奥さんが天ぷらを揚げているのをみて、麺を一緒に揚げてもらって戻したところ意外に美味しい♪
麺の内部から水分が蒸発し、細かい穴のあいた多孔質になり、熱湯を注ぐと多孔質部に湯がしみこんで短時間に元に戻るのです。
この原理は判ったものの、肝心の味付けをどうしたらよいものか・・・最初は皆目見当がつかなかったようです。

d0113707_01722.jpg


ワンタッチでお湯をかけるだけで食べられる究極のラーメンは、スープを麺にしみ込ませる点にありました。
麺にスープを練り込んだり、着味をしたり、多くの実験をくり返して、着味の方がいいとの結論に到達するまでには、多くの課題を克服する必要があったそうです。例えばスープの塩分が強すぎると、麺がボロボロになってしまいます。安定した品質のチキンエキスの抽出や配合するスパイスの種類や醤油とチキンエキスの配合比率。これらを一つ一つ手作業で確認していく気の遠くなるような実験がこの小屋で繰り返されたのです。

d0113707_0135930.jpg


そうして満を持して昭和33年8月25日に発売、実はこの3日前に私はご近所の西宮で生まれています(笑)
当初は問屋筋は「35円は高い。うどん玉なら6円もしない」と冷淡でした。それでも安藤氏は味に自信があり、長期保存できるという点に絶大の自信を持っていたそうです。
案にたがわず、その後ほどなく爆発的に売れ出し、半年後に社員を200人に増やして対応(設立時は安藤氏と奥さんの二人で袋詰めをやっていたそうです)、それでも処理しきれず3年後の昭和36年には社員1,000名、昭和38年には、東証2部・大証2部への上場を果たしたのでした。

ちなみに、私も大好きだったチキンラーメン。
小さいころよくおやつに食べたなぁ~どんぶりに入れて上からお湯をかけて、たまには生卵も乗せて。出来上がるまでの3分間が待ち遠しかった・・・・

d0113707_0233953.jpg


上は現在普通に運行している、池田市の市バス。
ちゃーんとあのストライプで塗られています(*^_^*)
次回は日清食品を世界的企業にのし上がらせた、もうひとつのエポックメイキングの事件などを写真とともにお届けいたします♪

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

連日連夜熱い熱戦が繰り広げられているバンクーバー・オリンピックですが、本当にいろんな感動を味あわせていただいています。
カーリング女子の息詰まるような知能戦、スピードスケートの力強さ、みんな素晴らしかったけれど、何と言っても一番感動したのは「男子フィギュア」!!
私は元々小塚崇彦選手のファンで、主人にも半ば呆れられてきたのですが(>_<)、大舞台での4回転成功!!!!机を叩いて喜ばせていただきました。
高橋選手はもう「別格」と言う感じで、もちろんあの美しい流れるようなステップも、表現力豊かな演技も大好きです。
でも今回本当に本当に素晴らしい!と思ったのは織田信成選手。
実は・・・・・3人の中ではあまり好きな選手ではありませんでした。
理由は去年のモロゾフコーチをめぐる高橋選手との確執。そりゃコーチを選ぶのは自由ですからね~誰を選ぼうとその人の勝手なんですけど、何もよりによってライバルのコーチを指名しなくっても・・・・・と、私なりに高橋選手に深く同情していました。本当に内心穏やかじゃなかったと思います。
でもスケート靴の紐が切れても、落ち着いて演技を続けた織田選手は銅メダルを獲った高橋選手にそん色が無かった・・・・普通なら大大パニックでしょう?去年安藤美姫選手は泣きながら止めちゃいましたしね、もしそうだったとしても観客は「仕方ないなぁ」と思ったでしょう。
それが、途切れたところから続けてミスも少なく、最終的には7位!これは本当に素晴らしい快挙です。織田選手、本当にごめんなさい・・・と、心の中で謝ってました(笑)

もちろん高橋選手は、怪我を乗り越えての銅メダルですからね~でも、競い合った織田君が居たからこその成長だと思うし、何かと競わせたがる周囲の思惑から離れがちなふたりを上手く中にたってまとめた小塚君の力も大きいと思う(彼は良い意味での「おぼっちゃん」なので、その天然のキャラがなごませてくれる)。
個人演技ばかり取り上げられるフィギュア・シングルですけど、今回の3人は実に上手い形でそれぞれが存分に力を発揮していた、「団体競技」みたいなところがあったなぁ・・・・
さあ、これから女子シングルが始まります。どうかプレッシャーで押しつぶされそうになっている真央ちゃんを、安藤選手・鈴木選手が穏やかな形で包んであげて下さいね(もちろんご自身の成長も祈っています)
[PR]
by kyoncci | 2010-02-21 00:32 | 関西よもやま話
寒風吹き荒む園田競馬場・その3
前回・前々回に引き続き兵庫県尼崎市・園田競馬場からお届けいたします。

d0113707_22321971.jpg


この日はお天気は良かったのですが・・・・・・
本当に本当に寒かった(>_<)実を言うとレース場の外で観ている人はほんのわずか!
(確かに園田競馬場は平日でしたしあまり流行っているようには見えませんでしたが
それでも屋内は熱気ムンムン、「あわよくばーーー❤」と願う人々でいっぱいでした。
↑の写真はそういう人たちから独り離れて、じっくりレースを見る男性。

d0113707_029543.jpg


さて、屋外で寒さに凍えながら撮ってる私たちのほうはと言いますと・・・

シャッタースピード1/30は、実を言うと去年秋に大阪WTCで阿波踊りを撮ったときに使いました。
夕方室内でだんだん暗くなってきた時でした。
本当を言うともっと早いスピードで獲りたかったのですが、どうしようもなかったのです。
F先生に習っていたころ「きょんちさん、一般的には1/30が手持ちでぶれないで撮れる限界ですよ」といつも言われていました。
とは言っても、それはあくまで「動かないものを撮る」時のことでして・・・(>_<)
流し撮りで1/30というのは私にとってまさに「未知の領域」でして・・・・

d0113707_0437100.jpg


やっぱり確率的に言いますと、1/500とかで撮ったもののほうがはるかにピントが合ってます。
(当たり前だ!)
それでもごくたまに、どこかにちゃんと合ってる写真も撮れるもんなのですね~
しかも、やっぱりすごい迫力!

d0113707_046252.jpg


自分としては↑が一番出来が良かったかな~?
それにしても、騎手さんたちってみなさんスリムですね~
私のような体重の(しかも運動音痴の)オバさんだと、お馬さんが可哀想ですもんね。

d0113707_050677.jpg


あと数枚救えましたが(笑)、どれもこれも似たような写真ばかりで・・・
(@_@;) これで騎手さんが鞭を振るっているとかだとすごく迫力が出るのでしょうけどね~
残念ながら、今回はそういうラッキーなことはありませんでしたぁ。

d0113707_0563456.jpg


屋内では相変わらず、熱気ムンムンであります・・・・

もう私たちは体が冷え切っておりまして、これ以上屋外での撮影は不可能!と判断しまして(笑)
撤収することにいたしました・・・・

そこで、園田競馬場のすぐ横にある伊丹市クリーンセンターへ行きました。
ここは競馬場のすぐ横にあるんですよ~

d0113707_1113089.gif


そのてっぺんにあるレストラン(本当です、ごみ処理場の建物は温水プールとレストランになっています)に行って暖をとりました。
(他の男性陣はみなさん軽いケーキとコーヒーだけだったのに、私ひとりがうどんを食べました!)
レストランからは競馬場がよーく見えるんですよ♪

d0113707_1194985.jpg


すごいでしょう~!?競馬場が一望ですよ♪
砂煙をけたてて走る馬たちが、なんとカッコいいこと!!
なんとかあの金網から撮れないかなー(脚立でも使って)などと皆さんと話し合っておりました。

d0113707_1441639.jpg


こうして「園田競馬場」の一日は終りました♪
素晴らしい体験でした~ちょっとまだ怖いけれど、今度は独りで行ってみようかな(*^_^*)
[PR]
by kyoncci | 2010-02-12 01:46 | 関西よもやま話
寒風吹き荒む園田競馬場・その2
d0113707_1531375.jpg


始まりましたっ!じゃんじゃん撮りますよ・・・・・
でも、撮った写真を見るとあんまり・・・・迫力が無い(>_<)。
やっぱりなぁ、一応こういう場面に遭遇してますから(一眼歴4年ですもん!)
これはね、ブレてないから(*^^)v
今までに動くものってあんまり撮ったことがありませんが、この前大阪のWTCで撮った阿波踊りの写真も
カンカン照りのときに撮ったものはイマイチだったのに、夕方になって暗くなってきたときに
撮ったものは適度にブレてて、良い感じの写真だったのです。というわけで
今日の写真は「シャッタースピードを落として」「流し撮り」です。
なーんてことを思っておりましたら

d0113707_212120.jpg


あれっ!\(◎o◎)/!ゲートがいつの間にか動いてる!!一体なぜ?????

d0113707_2134411.jpg


いやぁー知らなかった、競馬のゲートって大型車で引っ張ってるんですねぇ!
ゴトゴト・・・・ってなんと!今度は私たちのすぐ目の前にやってきました。
どこからともなく係員さんたちを満載した小型バス?が現れて
皆さんわらわら・・・・と出て来られて整備が始まります。
そういうのもぜーんぶ目の前で見えるのですから、堪りませんねぇ~(>_<)

d0113707_2371514.jpg


右奥にある馬場から続々と馬たちが出てきます・・・・
なんとこの頃にはみぞれ交じりの雪が!とーっても寒いですぅ(>_<)

d0113707_2402146.jpg


ゲートの後方でもちょっとした足ならし。
まぁ私たちだって走ったり泳いだりする前には、入念に屈伸運動したりしますからね~

d0113707_2414848.jpg


ここ園田競馬場は全周1051m。なぜこんな中途半端な長さになったかと言いますと
1999年に今まで1000mだったコースを1100mにする計画が持ち上がったのです
というのもそれまではこの競馬場では体の小さなアラブ馬しか走って無かったんですよね~
サラブレッド馬を導入することになって、体が大きい馬ですから1000mではコーナリングが
上手くとれない・・・・ということで伸ばそうとしたわけです。
ところがこの競馬場の横には猪名川自然林が広がっていまして、そこは売ってもらえない。
ということでとても中途半端な長さになってしまった、のだそうです。
レース施行距離は820m、1230m、1400m、1700m、1870m、2400m が行われているということですから、距離によってはスタート地点をずらす必要があるわけです。


d0113707_2511747.jpg


レース前にお馬をなだめてるんでしょうか?
「お前は強い、絶対勝てる!」とかささやいてるんでしょうか??

d0113707_253777.jpg


スタート!!
めちゃくちゃ驚いたのは、12頭がゲートインしたらすぐさま出るんですねぇ!!
サラブレッドはめちゃくちゃ神経質だ、と聞いていますから、出来るだけ待たせないようにしているんでしょうねぇ~

d0113707_25456100.jpg


おおおーっ、さっきのお馬が先頭切って走って行きますよ♪
シャッタースピードを1/30に落としました。
やっぱりところどころブレていて迫力でますねぇ~(*^^)v
しかし、手ぶれも大変厳しくなるわけで・・・・・
次回は園田競馬の最終回、手ぶれ嵐から何とか救えたものをUPしようと思っております。
どうぞお付き合いくださいませ<(_ _)>
[PR]
by kyoncci | 2010-02-09 02:57 | 関西よもやま話
寒風吹き荒む園田競馬場・その1
d0113707_23104643.jpg


↑の写真は一体どこでしょう?
ブログも長くやってますが(約5年)こういう場所は初めてですね~~
ここでもう判った方は、相当遊んでおられますねぇ(>_<)

d0113707_23162282.jpg


第二のヒント。「駅」の券売機?
ここではもうほとんどの方がお判りになったことでしょうねぇ~

d0113707_23191488.jpg


じゃーん、↑が今回お届けする園田競馬場です。
1930年に解説された地方競馬場、関西では阪神競馬場が大変有名(桜花賞、宝塚記念、阪神ジュベナイルフィリーズが行われる)ですが、あそこは大変巨大な競馬場ですから遠いんですよね~客席とお馬さんたちの走る場所が。
いつか「お散歩ネット」でそういう話をしたときに「じゃあ園田競馬に連れて行ってあげるよ!」とおっしゃっていただいたのです。

d0113707_2332216.jpg


寒い寒い日でした・・・・
朝9時半に集合して、競馬場に着いたのが10時。レースはまだ始まらない・・・・
と、パドックのほうへ行ってみました♪
レース前はこれから走る馬たちのおひろめがあるんですね~

d0113707_23445110.jpg


サラブレッドは本来とても神経質な動物、その上レース前はもっと神経質になっているので、写真を撮る方も気を使います。フラッシュなどは絶対に禁止!
かつて中山競馬場で起きたダテハクタカ事件というのがありました。
これはパドックで当時一番人気だったダテハクタカという馬が突然暴れだし、検査すると右目に障害が起きていました。なんと硫酸が水鉄砲のようなもので吹き付けられたそうで、現在に至るまで犯人はわかっていません。

d0113707_23504312.jpg


見ている者も無言・静々と歩く馬たちも無言・・・・・
それにしても、やっぱりお馬はキレイで可愛いです。
私は競馬はやりませんが、見るのは大好き♪

d0113707_2353395.jpg


この↑お馬さんはかなり気が立っているようで、厩務員さんは必死で押さえていました。

d0113707_0235796.jpg


馬たちを先導する白馬。
お姉さんが騎乗しておられます♪

d0113707_0254955.jpg


スタートの前に小さい馬場で「足ならし?」をします。
こういうところは大きい競馬場では見なかったなぁ・・・・当然あったのでしょうけれど。
園田は小さい競馬場だから、いろいろなことが全部目の前で起こります(*^_^*)

d0113707_028790.jpg


そして、各馬ゲートイン。
さてこれから始まる大レース♪
次回・次々回と園田競馬場からお届けする予定です(*^_^*)どうぞよろしく。
[PR]
by kyoncci | 2010-02-05 00:29 | 関西よもやま話


がんばろうにっぽん

カテゴリ
全体
東北旅行
東京の庭園
だいすき福島
千葉ご近所を歩く
北関東の旅
房総半島をゆく
鳥撮りの楽しみ
嫌いなひともいるけれど
いいなぁ神奈川
京都・千年の都
すっきやねん大阪
コスモポリタン神戸
東京メガロポリス
六甲山系の自然
あこがれの信州
関西よもやま話
ひょうごの山と草花
戦国の香り・中部地方
あをによし奈良の都は花ざかり
祭り!フェスタ!イベント!
北の大地!北海道をゆく
日本海は心のふるさと
こんにちは!虫さん♪
この世の天国?南の島
おしらせ
東北関東大震災

九州と南の島々(*^_^*)
水と森の国・滋賀
foreigncountry
関西の奥座敷?麗しの四国
スローシャッターの世界
雪国
未分類

以前の記事
2015年 05月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 07月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 11月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月

フォロー中のブログ
2008夏井川渓谷撮影会

最新のトラックバック

ライフログ

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧