みなさまご無沙汰しております
by kyoncci
<   2013年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧
入賞のお知らせ(*^_^*)
d0113707_16361466.jpg


キャノンフォトサークルの雑誌「moments10月号」にて
昨年撮った「熊野の華」がシルバー賞に入賞いたしました。
準佳作なら一度小さく載ったことがありますが
こんな大きく取り上げていただいたのは初めてです!

d0113707_1639582.jpg


選者 野町和嘉先生

「花火を写した作品のほとんどは、下から見上げたものです。
ただ、これは水平方向で手前に人物のシルエットを入れた狙いがユニークですね。
露光間ズームによる花火の描写も効果的で、中心が赤く、
周辺にいくにしたがって緑になり、
まさに大輪の華が咲き誇るように描かれています」

野町先生、ご指導くださったEOS学園斉藤裕史先生、
そしていつも見守ってくださるカメラつながりの方々、
快く私を撮影旅行に出してくれる家族の方々、
本当にありがとうございました。
[PR]
by kyoncci | 2013-09-23 16:45 | おしらせ
写真展・「秋色のタカラモノ」開催のお知らせ
d0113707_22145394.jpg


EOS学園に通ってつくづく思うことは、デジタル流行の昨今でも、「写真というものは印刷してみてわかることが多い」ということ。
いくら自分のパソコンではキレイに写っていても、ネット上にUPしてそれを見ている貴方のパソコンではそれほどでもないかも知れない・・・・
また一概に印刷、と言っても用紙やインクによって、ものすごく違う場合がある。
「ここはハッキリ出したい」と思った箇所が暗く沈んでしまったり、反対に「トーンを抑え目に」と思っていたのにド派手になってしまったり。
プリントするって奥が深いな・・・・と思っていた矢先、友人の美容家フォトグラファーTさんとパステル画家Uさんの写真展に、2枚私の写真を使って頂けることになりました。
といっても。
いつものように光沢紙とか局紙(和紙)ではなく、ミ・タントというアート紙に印刷します。
アート紙というのはちょっと表面がボコボコした、まるで油絵を描くキャンパスのような紙です♪
全体的にぼやーっとするのでピントの甘さはごまかせる?ものの、こういう作風に合う写真を探さねばなりませんでした。

というわけで、十数枚自分で印刷してみました(^▽^;)

高校生のとき美術部所属(笑)パステル画、ちょっとだけ描いたことがあります。
ものすごく繊細な色使い、淡い色調。お二人の作品の雰囲気を壊さぬようなものを、何とか選びました。
そしてあくまで「秋」を感じるものを・・・

■写真とパステル和アートのコラボ展■
『秋色のタカラモノ』

開催日時 9月24日(火)~28日(土)
11:00~17:00(最終日は16:00)

開催場所 piasギャラリー
(大阪市北区豊崎3-19-3 piasタワー)
http://www.pias.co.jp/pias_city/pias_tower.html

そして、9月20日に写真集『WHITE MESSENGER SWAN』を出版される、
フォトグラファー斎藤裕史先生の作品も、写真集の中から3点展示されます。
またスペシャルイベントとして
(ご注意:ワークショップが追加されています。)

★斎藤先生から★
11:00~11:30 斎藤先生プチトークショー①  予約不要(無料)
11:30~12:00 写真集即売会
          (ご希望の方には本人が署名をします)
13:00~14:00 ワークショップ(テーブルフォト)①  10名
14:15~14:45 斎藤先生プチトークショー②  予約不要(無料)
15:00~16:00 ワークショップ(テーブルフォト)②  10名

①②は同じ内容です

料金    1000円 
定員    10名 
持ち物   カメラ(デジタルならどんなものでも結構です♪)

12日10:00からメールフォームで募集開始します

満席になり次第募集終了させていていただきます

お電話での受付はいたしません

パソコン用フォームURL
http://ws.formzu.net/fgen/S14324568/
自然光が入るギャラリーなのでテーブルフォトにバッチリです♪
三脚は・・・・ちょっと迷惑になりそうです(^▽^;)
当日先生の写真集やポストカードの販売もございます。

★パステル和アートさんから★
9月28日(土)14:30~
アイリッシュハープ演奏
・スカボローフェア
・グリーンスリーブス
・アメージンググレイス など

★スポンサーの伊藤園さまから★
新発売のお茶のご提供があります(*^-^*)

初秋のひととき、ぜひご参加くださいませ<(_ _)>
[PR]
by kyoncci | 2013-09-11 22:44 | おしらせ
六甲枝垂れ~夜の部~
d0113707_954224.jpg


暑かった六甲山上での一日も夕暮れに近づいてきました・・・・


d0113707_9544876.jpg


左端に小さく、沈む太陽・・・・
フィッシュアイレンズを使っております。
S先生からは「フィッシュアイはとにかく特殊なレンズだから、見た瞬間“あっ魚眼”と思われるような使い方はダメ」と教えていただきました。
とにかく被写体にめちゃくちゃ寄れる、それがとても面白いレンズです。
しかし・・・・お魚たちは喰われる瞬間は大迫力で怖い思いをするんだろうなぁ(ToT)
可哀想に・・・


d0113707_9584787.jpg


そして夕闇にあたりが包まれた頃、なんと六甲枝垂れはライトアップするんです!


d0113707_101490.jpg


赤といい青といい、すんごい色ですヽ(^o^)丿
まるで邪教の宮殿に来みたい・・・・


d0113707_1024890.jpg


網の目から見える月、なんか檻に入れられてるみたい(^_^.)


d0113707_104262.jpg


夏休みの最後だったのでお客も少なかったのですが
夕方からは涼みに来た家族連れやカップルたちで賑わっていました。
本当に本当にあっというまに涼しくなります。
我々は午後8時過ぎまで粘っていたのですが、最後は寒いくらいでした。
今の時期なら行かれる方は一枚上から着るものを持っていかれたほうが良いかも?

それにしても明治初期、神戸にやってきた外国の方々が日本の暑さに閉口して
そして街の裏手に広がる六甲(当時は禿山だったそうですが)に眼をつけたことは
容易に想像が出来ます・・・・・
もちろん最初はケーブルもバスもロープウェイもありませんから、
自分の足で登るか、籠であげてもらったみたいですが。
六甲はロッククライミングの発祥の地、頷けますよね・・・・・

この日の夜景は
[PR]
by kyoncci | 2013-09-07 10:14 | コスモポリタン神戸
六甲枝垂れ~昼の部~
前の記事「池田がんがら祭り」と順序は逆になってしまいましたが
8月の末に参加した六甲枝垂れ撮影会の模様を昼・夜二回に分けてお届けいたします。

d0113707_1252567.jpg


六甲は知ってるけど枝垂れって何~?
と仰る方多いと思います。
実は私も長年地方を巡り歩いて(転勤族のため)関西へ舞い戻ってきたとき、いろんな知らない場所が出来てました(^_^;)
六甲枝垂れもそのひとつ、昔からあるカンツリーハウス(小学校のころ遠足でよく行った!)の南側に出来た、面白い形のドームを含んだ複合観光施設です。

d0113707_13122271.jpg


しかし、非常に個性的な建築です!
設計は三分一 博志さん・・・・数々の建築賞を総なめにした若手建築家です
「六甲枝垂れとは」

d0113707_13205151.jpg


ドームの内側・・・・
とっても不思議な空間です~まるで異次元の世界(~_~;)

もちろんドームだけではなく、庭園やお土産物屋さんや、レストランもあります♪
でもそういうところからの眺めは夜の部に(*^_^*)

d0113707_1316204.jpg


あまりに暑い日でしたので、見物客は我々E学園のメンバーとあとはちょっとだけ・・・
でもさすが神戸、オシャレな人が多い~
白いパラソルのご婦人、ご主人様のピンクのズボンも素敵♪
こんな絵になるご夫婦がいるのは、やっぱり神戸か横浜(*^_^*)

d0113707_1318479.jpg


午後2時集合ということでしたが、暑くて死にそうでした(~_~;)
次回は涼しかったーーーというかやや寒かった夜の部です♪

最後にちょっとハイソなお話♪
[PR]
by kyoncci | 2013-09-03 13:29 | コスモポリタン神戸


がんばろうにっぽん

カテゴリ
全体
東北旅行
東京の庭園
だいすき福島
千葉ご近所を歩く
北関東の旅
房総半島をゆく
鳥撮りの楽しみ
嫌いなひともいるけれど
いいなぁ神奈川
京都・千年の都
すっきやねん大阪
コスモポリタン神戸
東京メガロポリス
六甲山系の自然
あこがれの信州
関西よもやま話
ひょうごの山と草花
戦国の香り・中部地方
あをによし奈良の都は花ざかり
祭り!フェスタ!イベント!
北の大地!北海道をゆく
日本海は心のふるさと
こんにちは!虫さん♪
この世の天国?南の島
おしらせ
東北関東大震災

九州と南の島々(*^_^*)
水と森の国・滋賀
foreigncountry
関西の奥座敷?麗しの四国
スローシャッターの世界
雪国
未分類

以前の記事
2015年 05月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 07月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 11月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月

フォロー中のブログ
2008夏井川渓谷撮影会

最新のトラックバック

ライフログ

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧