みなさまご無沙汰しております
by kyoncci
旅のはじまり~お馬を見に下北半島へ・その2~
前回に引き続き、青森県下北半島の旅の二回目です。
今回は前回の最後にちょっとだけUPした寒立馬の写真を中心にUPしてゆきます。

d0113707_21181442.jpg


サラブレッドを見慣れた私たちにとっては、珍しく感じる寒立馬ですが、昔はこういう馬が日本では普通の馬だったわけです。
残念ながら寒立馬は日本原産の馬ではありません。1456年(康正2年)『東北太平記』に現在の下北郡川内町に居を構えていた豪族・蠣崎蔵人が軍馬として大陸から数百頭のモンゴル、ロシアなど大陸系の馬を輸入したという記録が残っています。しかし蠣崎氏は南部氏との戦いに敗れ、馬を置き去りに北海道へ逃げてしまいました。
この残された馬たちを改良して、作られたのが「田名部(たなぶ)馬」であり、寒さに強く粗食種に耐える馬であったと伝えられています。

d0113707_21404519.jpg


現在の青森県東部から岩手県北部に至る「南部地方」は昔から「南部馬」という良馬の産地として知られています。
下北半島を制した南部氏は田名部馬と南部馬を掛け合わせたのです。
このころは室町時代、時の将軍は足利義政、あの銀閣寺を作った人です。

d0113707_2150149.jpg


明治時代になると、小柄な日本馬を軍用馬として利用するために外国種(アングロアラブ・トロッター・ハクニー・ブルトン・ペルシュロンなど)との交配を行う馬格向上政策が全国的に推し進められ、各地で在来馬の混血化が進みます。
残念ながら寒立馬の祖先である南部馬は、このとき絶滅してしまいました。

もうひとつの祖である「田名部馬」は軍馬需要が最盛期だった昭和10年代には150頭まで増えたこともありますが、戦後は機械化が進み農耕馬・荷役馬の需要は減少しました。
そこで尻屋崎の農家では、更に田名部馬をブルトン種と交配させ、この村独自の農用馬(食肉用)としての改良を行いました。それが現在の寒立馬です。

d0113707_2156365.jpg


そうやって人々が必死に寒立馬を守ってきたにもかかわらず、食肉の自由化などで需要は急激に落ち込み、平成7年にはついにたったの九頭になってしまいます。
青森県と東通村はこれを危惧し、それ以来ずっと保護を続けています。
さまざまな経緯で作られた寒立馬は残念ながら「日本古来馬8種(道産子・木曽馬・野間馬・御崎馬・対馬馬・トカラ馬・宮古馬・与那国馬)」には入っていません。
しかしその姿には、絶滅してしまった南部馬の血が色濃く反映されている、と言われています。

d0113707_21471853.jpg


灯台につづく道端でのんびりと草を食む寒立馬。
手厚い保護のおかげで、現在は30頭にまで増えたそうです。

d0113707_22151989.jpg


ちなみに・・・この寒立馬は最初からそう呼ばれていたわけではありません。
地元の人たちは単に「野放し馬」と呼び、特定の名前は無かったそうです。
昭和45年、当時の尻屋小・中学校の校長先生であった岩佐勉氏(むつ市在住)が尻屋の人たちを前に短歌を詠みました。
「東雲(しののめ)に勇みいななく寒立馬(かんだちめ) 筑紫ヶ原の嵐ものかは」
それ以来、野放し馬は「寒立馬」と呼ばれるようになったそうです。

「かんだち」という言葉はカモシカが厳冬のなか、何日もじっとたたずむ姿を地元のマタギ(狩人)の間では「カモシカの寒立」と呼び、野放し馬にも同じような姿を見ることができることから「寒立馬」と命名したとのこと。美しい名前ですねぇ~

さて、この日宿泊予定だった大湊へ行こうと岬を発ったのですが・・・・

d0113707_22193211.jpg


うひょ~!お馬さんたちに道をふさがれてしまいました\(◎o◎)/!

d0113707_22203178.jpg


ゆっくーり、のんびーり、横断していきました。
轢かないかと、ちょっと心配してしまった数分でした(笑)
次回は皆様おまたせの?「恐山」と残りの下北半島の旅です。
おいしいものいっぱい♪ですよ~
[PR]
by kyoncci | 2010-05-10 22:25 | 東北旅行
<< 霊場・恐山をゆく 旅のはじまり~お馬を見に下北半... >>


がんばろうにっぽん

カテゴリ
全体
東北旅行
東京の庭園
だいすき福島
千葉ご近所を歩く
北関東の旅
房総半島をゆく
鳥撮りの楽しみ
嫌いなひともいるけれど
いいなぁ神奈川
京都・千年の都
すっきやねん大阪
コスモポリタン神戸
東京メガロポリス
六甲山系の自然
あこがれの信州
関西よもやま話
ひょうごの山と草花
戦国の香り・中部地方
あをによし奈良の都は花ざかり
祭り!フェスタ!イベント!
北の大地!北海道をゆく
日本海は心のふるさと
こんにちは!虫さん♪
この世の天国?南の島
おしらせ
東北関東大震災

九州と南の島々(*^_^*)
水と森の国・滋賀
foreigncountry
関西の奥座敷?麗しの四国
スローシャッターの世界
雪国
未分類

以前の記事
2015年 05月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 07月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 11月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月

フォロー中のブログ
2008夏井川渓谷撮影会

最新のトラックバック

ライフログ

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧